「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

筑波大学附属病院総合診療科 ブログ

ノンテクニカルスキル研修~TEAMS-BI~

2014年9月24日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座

総合診療医に必要なスキルは医学的なことだけではなく、リーダーシップであったり、教育のスキルであったり、様々なスキルが必要です。筑波総診では、そんなノンテクニカルスキル(医療知識・技術だけではなく、組織人として身につけておくべきスキル)の研修にも力を入れており、今年度も多様な研修を行っています。
先日、ノンテクニカルスキル研修の一つであるTEAMS-BIが行われました。TEAMSとは有名なトヨタの「カイゼン」のもとになったと言われているTWIというビジネススキルを、筑波大学附属病院で医療用に改変したものです。TEAMSには業務改善の仕方や人の扱い方などが含まれますが、今回のBIは人の教え方。
DSCF6927DSC_0014
「何で教えたのにできないんだよ」とか「何で理解できないんだよ」と思うときがあっても、それは教える側が教え(られ)ていないからかもしれません。教え方には様々なコツがあり、今回はそのコツを身近な簡単な作業を教える場面を例にとって学習しました。教わる側の緊張をほぐしたり、出来ていることを出来ているとしっかり伝えることは教育の上で大事ですが、忙しい日常でついつい忘れがちだなと思いました。
この研修、総診のレジデントとスタッフだけでなく、筑波大学附属病院内の様々な職員の方も多数参加。
多職種でチームを組んで勉強すると、お互いの職種について知らなかったことがたくさんあり、どんどんと会話が弾み、中には連絡先を交換してプチ勉強会を企画するに至った方も。多職種で研修を行うと、色々な副産物もあるようです。
DSC_0018
S1 稲葉 崇
〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療科

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして