筑波大学附属病院総合診療科 ブログ

第 10 回総合診療塾のお知らせ

2024年2月11日テーマ:筑波総合診療グループ

当科では毎月全国の医学生を対象にzoomで総合診療に関する基礎知識のレクチャーを行っています。

今回のテーマ は「ポリファーマシー」です。
たくさん薬を飲んでいるあの患者さん、お薬は本当に飲まなきゃいけないのでしょうか?
患者さんにとって、何が適切な処方なのか、一緒に考えていきましょう!
ポリファーマシーって何?と思った方も、知っているよ、という方も是非参加してください!

【 主な対象者 】 全国の医学生(低学年~高学年)
【 日時 】 令和 6 年 3 月 13 日(水) 18:00 ~ 19 : 30 
【 講師 】筑波大学附属病院 総合診療科 舛本 祥一 先生


★お申込みはこちらから

たくさんの方のご参加をお待ちしています!

※今回は今年度最後の総合診療塾となります。

現在、来年度の総合診療塾の準備を行っています!来年度もご参加よろしくお願いいたします!

Pagetop

吉本先生の本が出版されます 飲酒量低減について

2024年2月17日テーマ:筑波総合診療グループ

当科の吉本先生が執筆した本が出版されますのでご報告いたします。

あなたの時間と元気を取り戻す 減酒セラピー
2024/2/24発売予定です。

2024年2月中は一部無料公開されておりますので、よろしければこちらをご参照ください。

本の紹介(amazonより抜粋)
仕事とプライベートに効く!すべてのお酒好きな人に役立つ本!!!
在宅勤務夕方になるとついプシュッとビールの缶をあけてしまう。「あとちょっとやれば仕事が片付くのに」。
休日も、ついつい昼間から飲み始めてしまう。「夕方まで我慢すれば、ランや筋トレできたのに」。
飲むと眠くなって、本が読めない。運転できない。じつはお金もかかる。
太るし眠りが浅くなるし、飲んで大失態をやらかすことも。

こんなとき、つらい禁酒や断酒ではなく、ちょっとした「減酒」。
毎日のお酒をちょっと減らすだけで、今のぐずぐずな毎日がリセットできます。

近年では、WHOのターゲットもタバコからお酒へとシフト。
日本でも2024年に国が初めての「飲酒ガイドライン」を発表。

世界的にも飲酒の価値観が代わりつつある今、コロナ明けの今こそ、生活習慣のリセットにも効果的な1冊です。

第1章 人とお酒の関係が変わりつつある
    ~近年の研究でわかってきたお酒のこと~

第2章 飲み方を変えるだけで「人生の質」が激変
    ~毎日のお酒をちょっと減らしてみたら、こうなった~

第3章 こんな兆候にご用心!
    ~危険なサインと心身の変化~ 

第4章 いつ飲む? なに飲む? どれくらい飲む?
    ~毎日の飲み方をちょっと変える~

第5章 もう後悔しない。失敗しない。飲み方のコツ
    ~酒席を楽しむために~

第6章 お酒に振り回されないライフスタイルを作る
    ~今すぐ始める減酒生活~

Pagetop

勉強会のご案内(SDH 締め切り2月12日)

2024年2月8日テーマ:筑波総合診療グループ

第229回 保健・医療・福祉に関する勉強会(JPCA茨城県支部主催)
『プライマリ・ケアにおける健康の社会的決定要因の教育~現在とこれから』
講師 小曽根早知子先生(筑波大学医学医療系地域総合診療医学)

健康の社会的決定要因(Social Determinants of Health; SDH)は近年広く注目されており、医師の卒前教育にも取り入れられています。今回は、SDH の概要および筑波大学医学類での地域実習を基盤としたSDH 教育実践とその評価について紹介します。また、マクロレベルのSDH の一例として世界家庭医学会(WONCA)での気候変動と健康に関する講演を紹介し、これからのプライマリ・ケア現場でのSDH に関する教育と実践について検討していきたいと思います。

 

この講演会は日本プライマリ・ケア連合学会茨城県支部とアール医療専門職大学、茨城県理学療法士会の後援を受けています。この講演会に参加されますと、日本プライマリ・ケア連合学会 専門医・認定医更新1単位と認定薬剤師1単位が取得できます。
また、フロンティア医科学の医科学セミナーⅣ(プライマリケア)の一部となっています。

2024年2月13日(火)18時30分-20時30分

ウェブセミナー
筑波大学の学生・教職員の皆様はオンサイト出席可能です。
(筑波大学総合研究棟D 棟1階116)

ご参加は無料です。

参加締め切りは2024年2月12日です。直前のお知らせで大変申し訳ございませんが、是非ご参加ください!

参加のお申し込みはこちらから

Pagetop

専攻医の研修施設見学 その1:利根町国保診療所

2024年1月30日テーマ:サイトビジット, 筑波総合診療グループ, ステーション, 地域医療教育学講座, 利根町, レジデントの1日(施設紹介)

先日、つくば総診の研修施設を訪問しましたので2本立てでご報告いたします。

 今回は利根町国保診療所についてご紹介します。
 初めての訪問でしたが、利根川に囲まれた自然豊かな地域で、茨城県ご出身の中澤所長に地域の特性を伺いながらの訪問診療を中心に学びの多い一日となりました。

 同診療所は、茨城県最南端で千葉県との境の利根町に位置する無床診療所です。
つくば総診のプログラムでは、地域での診療所研修として、外来診療、在宅診療を中心とした家庭医療を学びます。
 受診される患者さんは乳幼児から高齢者まで幅広く、急性・慢性疾患、外科、皮膚科と出会う疾患も様々。大学病院のように大きな設備ではないもののレントゲン、超音波、上部消化管内視鏡、心電図と院内設備は充実していて、役所の方も勤務される「町の診療所」。

 そして、利根町国保診療所の特徴は、なんといっても所長である中澤義明先生の存在。
 歴代のレジデントから「家庭医のロールモデル」と伺っていましたが、実際にお会いし、先生の訪問診療の様子を見学してその意味を体感しました。
 特に、診療に向かう途中、ウォーキング中の患者さんがとても嬉しそうに先生にお声かけされていた姿が印象的でした。
また、診療中に患者さんご本人だけではなく、ご家族の体調やお悩みにも丁寧に回答されていて、生物心理社会モデルを用いた多面的・包括的なアプローチだと感じました。
「町のお医者さん」として、診療所だけにとどまらず学校保健・産業医活動など地域をまるごと診ている先生の姿は家庭医を目指す者にとってのロールモデルそのもの。
ぜひ一度見学されることをお勧めします。

おまけ: 利根町の主農産物はコシヒカリをはじめとしたお米。コンビニで利根町産の米菓が販売されていました。お土産に米菓を購入し、実りある一日を終えました。

中澤先生

小曽根先生と診療所で

 

▼利根町診療所についてはこちらも併せてご覧ください。
https://soshin.pcmed-tsukuba.jp/training/facilities/tone-town
https://www.pcmed-tsukuba.jp/area/ibaraki/introduction/tone-town.php

次回は桜川市にある関連施設、大和クリニックについてご紹介します!
大和クリニックについての詳細はこちらをご覧ください。
https://soshin.pcmed-tsukuba.jp/training/facilities/yamato/

文責:専攻医1年 大堀 葉子

Pagetop

2023年 つくば総診 大忘年会開催!

2024年2月9日テーマ:筑波総合診療グループ, 未来医療GP, レジデントの1日(施設紹介)

 忘年会S1レク係軍団の一人、森井です。ご報告が遅くなりましたが、昨年の12月2日は総合診療科の忘年会でしたので大盛り上がりの忘年会をご報告させていただきます。忘年会は2019年以来ということで久々!専攻医の先生は皆初めての総診忘年会となりました。

 総診の忘年会は居酒屋でドンチャン騒ぎというのとは違って、なんと手作り忘年会です!
つくば総診グループのレク係の先生が中心になって準備を進めていきます。今年は感染対策の意味も込めて現地とオンラインのハイブリッド開催となりました。小ホールを借りて出し物用のプロジェクターを用意、お食事をお店の人に用意してもらい、我々参加者は皆思い思いの?恰好をして忘年会開始です。今回はサンタクロースやクリスマスツリーのコスプレはもちろんのこと、恐竜や某世界的ゲームキャラキターなどなど様々な人がいてとても華やかでした。ご家族連れで参加されている先生方もたくさんいらっしゃって始まる前からとにかくにぎやかでした。

クイズビンゴ大会

               
 
 まずは教授の挨拶で乾杯でご歓談タイム。普段はそれぞれの職場で必死で働いているので、他の職場のメンバーと触れ合う機会は年に数回しかなく、とても貴重な機会でした。加えてそんな忘年会が久しぶりに開催されたものですから皆さんお互いに「お久しぶりです~」といった感じでワイワイ歓談しておりました。ひとしきりお話をした後はそれぞれ出し物です。クイズビンゴ大会、手品、フリップ芸!?、チェロとピアノの素敵な音楽の贈り物をいただきました。出し物の中身は語ってしまうと勿体ない内容なので割愛です!

チェロとピアノの演奏

 

 出し物の間にはサンタさんから参加してくれた子供たちにクリスマスプレゼントもあり、ワチャワチャしているなかで終盤を迎えました。最後の締めのご挨拶・・・の前にわれらがつくば総診グループ秘書さんから有難い一言をいただいて先生からの締めの挨拶となりました。このつくば総診グループは秘書さんの力で成り立っているのだなーとつくづく感じました。

 最後の最後は時間が押しに押して10分で会場完全撤収という急遽のミッションを完遂しつつ終了となりました。今回の忘年会はレク係として企画するところから参加(といっても他のレク係の先生方に全てお任せ状態・・)しましたが、先生方やご家族の方達の楽しそうな姿を見ることが出来てとてもうれしく思いました。専攻医の立場といたしましては、普段数か月単位で勤務先を転々とする中でこう言った場で「なんとなく知っている先生」が増えるのがとても有難く感じたりもします。そんなこんなで復活の忘年会、大盛り上がりでした!

 

後期研修1年 森井 貫

Pagetop

宮下氏のかみす合宿レポ 9月【その3】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
順天堂大学 宮下采子(ことね)氏によるレポート

その2より

<9月の合宿、3日目>

未来への架け橋:神栖とちいここの連携 

3日目は、神栖と「ちいここ」との将来的な連携について、3時間にわたって、熱く意見を交わし、盛り上がりました。その甲斐があり、長期的な展望を踏まえて具体的な企画案をいくつかまとめました! 

ちいここ公式Xより

 

大好きな地元産品に出会う:農産物直売所WINDS BASE  

前回もお世話になった (株)agri new winds さんが運営されているFARMER’S PALLET WINDS BASEにお邪魔してお土産を買ってきました! 
新米や宿儺(すくな)かぼちゃという珍しい種類のかぼちゃも発見。 私は大好きな干し芋をお土産に買いました。

 

合宿を終えて:多彩な産業と人々の生きざま 

8月、9月と、2回の合宿を通して、多様な産業があるまちで、交流した地元の方々を通して、生きざまといいますか、地元の暮らしぶりやその方が見ておられる風景を通して、多くの学びを得ることができました。 

お世話になった皆様、ありがとうございました。 

今後も引き続き、【ちいここ×神栖】で、全国の医療系学生にとって、魅力的な企画を用意してゆきます。
続編をお楽しみに! 

 

 

【レポ記者一覧】 

宮下氏によるレポート 

山本氏によるレポート 

古幡氏によるレポート 

杉本氏によるレポート 

 

 

 

<編集後記>

約15年前から筑波大学の医学生向けに行ってきた、「異業種への帯同をきっかけにして、生活者との関係をつくり、“くらし”と “生きる”をより深く考えてゆく」活動が、「ちいここ」とのコラボにより、ついに全国の医療系学生を受け入れるまでに発展しました。泊まり込みで集まってくれた熱心な学生たちを全力で迎え入れた地元の方とのパッションとが相まって、とても充実した合宿となりました。

運営側の私も、合宿中に、ころたん(メロン)の味の秘密や、生物的防除法、シイタケ栽培の苦労話、市民風車建設に向けた挑戦など、とても感動的で、多くの学びを得ました。協働してくださった皆様に、改めて心より感謝いたします。

これからも、「ちいここ」とのコラボ企画合宿を、まちの活性化に向けたヘルスプロモーション活動の一環として、かみす市民の皆様と共に、プライスレスな共創的活動を続けてゆきたいと思っています。

つくば総診かみすチーム 阪本 直人

【つくば総診×「ちいここ」合宿の協働や関わられた施設・団体・個人】
(およそ日程順)

・神栖済生会病院
 https://www.kamisusaisei.jp/

・かみす舞っちゃげ祭り
 https://www.kamiyosa.com/

・矢田部自動車教習所
 https://www.yatabe-ds.com/

・地元の焼肉・中華レストラン 庄花亭
 https://www.shoukatei.com/committed/

・農業生産法人 株式会社 agri new winds (アグリニューウインズ)
 https://agri-newwinds.com/service/

・スガヤファーム葡萄屋
 https://www.instagram.com/sugaya_budou/

・でいサービスみなと(児童発達支援・放課後等デイサービス等)
 https://www.minato-coco.co.jp/index.html

・市民風車「なみまる」
 https://www.ren-ibaraki.jp/2015_08_endo/

・一般社団法人波崎未来エネルギー
 https://pal-denki.jp/local/hasaki/

・NPO法人波崎未来フォーラム
 http://www.hasaki-mirai.or.jp/index.html

・地域おこし協力隊 竹中 郁人さん
 https://www.city.kamisu.ibaraki.jp/shisei/machi/1006437/1009198.html

 

Pagetop

宮下氏のかみす合宿レポ 9月【その2】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
順天堂大学 宮下采子(ことね)氏によるレポート

その1より

<9月の合宿、2日目>

海岸線の環境保護への取り組み 

2日目は、少し早めに出発して、遠藤さんに案内していただき、海岸線を訪れました。 10年前に、防砂林がマツクイムシの被害に遭い、復旧のために、地元の人や行政が協力して植林作業を続けてきたお話をお伺いしました。 この日は風が穏やかで、まだ動いていない風車もありました。 

 

地域貢献の場:矢田部自動車教習所 

その後、矢田部自動車教習所で、教官に帯同するために訪問しました。
免許取得に関連する役割だけでなく、高齢者講習や各種啓発活動を通じて、地域の安全に寄与していることを知りました。 

 

焼肉レストランでのスタッフ帯同 

お昼は、焼肉レストラン 庄花亭で、スタッフへ帯同をさせていただきました! 
お客さんの混み具合によって忙しさにはかなり緩急があり、バタバタするときはやることが多く大変でした。しかし、とっても楽しかったです。 

合宿のメンバーも、ホールスタッフに帯同

 

障がい者支援施設「でいサービスみなと」へ訪問 

午後は、でいサービスみなと(児童発達支援・放課後等デイサービス等)に伺いました! 知的・身体に障がいをもつ子どもや大人、それぞれの特性に合わせた過ごし方や活動をされており、スタッフの皆さんも温かい心を持って接していらっしゃるところが素敵でした。

公式ホームページより抜粋

 

市民風車「なみまる」の視察 

2日目の最後は、波崎に移動し、市民風車「なみまる」を見学させていただきました。この風車を立ち上げるに至ったプロジェクトの経緯についてお話を伺いました。

 

その3へ

 

Pagetop

宮下氏のかみす合宿レポ 9月【その1】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
順天堂大学 宮下采子(ことね)氏によるレポート

 

茨城県神栖市に、ちいここ合宿で来ました。8月と9月の両日程に参加しましたが、 9月の合宿では、異なった内容で経験ができました。

<9月の合宿、初日>

総合診療医の救急に帯同:医療と社会課題の最前列 

1日目の神栖済生会病院の救急外来の帯同では、医療過疎や医療難民といったキーワードで説明されるような社会的問題を抱える患者さんに直面し、病院がセーフティーネットとして果たす役割を目の当たりにしました。 

重篤な患者さんの治療に関わり、採血、輸液、アドレナリン投与、心肺蘇生、尿カテーテル挿入など実践的な医療技術を学びました。
病状が深刻で、すべての課題を同時に解決出来ない状況での決断は、とても悩ましいものでした。その中にあっても、しっかりと向き合われ、シビアな判断を迫られる総合診療医 濱田先生への帯同を通して、貴重な経験をさせていただきました。 

 

祭りの夜:地域文化の再開  

夜は、「かみす舞っちゃげ祭り」に参加しました!  
初日の夜は、花火大会があり、遠藤さんに紹介していただいて、観光協会長や商工会長とも交流を深めながら、5年ぶりに再開された地元の文化を堪能しました。 

その2へ

【宮下氏のレポート】
  8月分
  9月分

Pagetop

宮下氏の8月合宿レポ 【その4】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
順天堂大学 宮下采子(ことね)氏によるレポート

その3から

<8月の合宿、3日目>

貴重な生薬「当帰」畑へ帯同 
前日の大雨で予定していた農地には帯同できなかったのですが、幸運なことに、農業生産法人 agri new windsの飯田さんのご厚意で、最終日に急遽、別の畑へ連れて行ってもらえることになりました。 なんと、生薬として広く使用されている「当帰」の畑へ。 漢方薬の材料であるため、畑を見ること自体がとても貴重な経験でした! 

ちいここ公式Xより

ピーマン収穫体験と雇用創出と環境づくり   
合宿の締めくくりに、ピーマン収穫体験をしました!
障害者や様々な背景を持つ方も広く受け入れておられる飯田さんのお話から、従業員を雇用して終わりではなく、従業員一人ひとりの生き方を真剣に考え、一人ひとりに役割を与え、居場所となるような環境が作られていることを知ることができました。 

ちいここ公式Xより

(9月ちいここ合宿の感想へつづく) 

<編集後記>

約15年前から筑波大学の医学生向けに行ってきた、「異業種への帯同をきっかけにして、生活者との関係をつくり、“くらし”と “生きる”をより深く考えてゆく」活動が、「ちいここ」とのコラボにより、ついに全国の医療系学生を受け入れるまでに発展しました。泊まり込みで集まってくれた熱心な学生たちを全力で迎え入れた地元の方とのパッションとが相まって、とても充実した合宿となりました。

運営側の私も、合宿中に、ころたん(メロン)の味の秘密や、生物的防除法、シイタケ栽培の苦労話、市民風車建設に向けた挑戦など、とても感動的で、多くの学びを得ました。協働してくださった皆様に、改めて心より感謝いたします。

これからも、「ちいここ」とのコラボ企画合宿を、まちの活性化に向けたヘルスプロモーション活動の一環として、かみす市民の皆様と共に、プライスレスな共創的活動を続けてゆきたいと思っています。

つくば総診かみすチーム 阪本 直人

【つくば総診×「ちいここ」合宿の協働や関わられた施設・団体・個人】
(およそ日程順)

・神栖済生会病院
 https://www.kamisusaisei.jp/

・かみす舞っちゃげ祭り
 https://www.kamiyosa.com/

・矢田部自動車教習所
 https://www.yatabe-ds.com/

・地元の焼肉・中華レストラン 庄花亭
 https://www.shoukatei.com/committed/

・農業生産法人 株式会社 agri new winds (アグリニューウインズ)
 https://agri-newwinds.com/service/

・スガヤファーム葡萄屋
 https://www.instagram.com/sugaya_budou/

・でいサービスみなと(児童発達支援・放課後等デイサービス等)
 https://www.minato-coco.co.jp/index.html

・市民風車「なみまる」
 https://www.ren-ibaraki.jp/2015_08_endo/

・一般社団法人波崎未来エネルギー
 https://pal-denki.jp/local/hasaki/

・NPO法人波崎未来フォーラム
 http://www.hasaki-mirai.or.jp/index.html

・地域おこし協力隊 竹中 郁人さん
 https://www.city.kamisu.ibaraki.jp/shisei/machi/1006437/1009198.html

 

 

Pagetop

宮下氏の8月合宿レポ 【その3】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
順天堂大学 宮下采子(ことね)氏によるレポート

その2より

<8月の合宿、2日目後編>

市民風車「なみまる」の内部探訪 
市民風車を見学しました! 
風車に触れて、しかも中に入れるなんて、貴重な経験をさせていただきました! 
また、市民風車の建設費のファンディングの際に、お孫さんの名義で出資し、学資保険代わりにしている方もおられたとのことで、地域への深い関わりに触れることができました。 

 

波崎のまちをサイクリングで「地域視診」   
地域おこし協力隊の竹中さんの案内で、波崎のまちを自転車で冒険に出ました。 
海を越えたら利根川が一面に広がっていました! 
地元のお菓子屋さんに寄って、おやつもゲットしながらの旅となり、まちの風景を見ながらのサイクリングはとても楽しかったです! 

 

波崎との関わり方を模索   
2日目の最後に、波崎(旧波崎町:神栖市の南)と自分たちがどのように関われるかについてディスカッションを行いました。地元のお祭りやイベントへの参加だけでなく、市民風車「なみまる」など、波崎で作られた電気を購入するといった、日常生活面からも“関わるきっかけ”があることに気付かされました。 

ちいここ公式Xより

その4へ

 

Pagetop

宮下氏の8月合宿レポ 【その2】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
順天堂大学 宮下采子(ことね)氏によるレポート

その1より

<8月の合宿、2日目前編>

異業種帯同:地域産業の探訪、しいたけ菌床栽培の現場 

2日目は、地元の農業に帯同して回りました。 まず訪れたのは、しいたけの菌床栽培施設でした。農福連携を進める一環として、障がい者就労支援にも力を入れておられ、働きやすい環境にも工夫を凝らしながら、なんと2,800個もの菌床を育て上げておられました。 

完熟メロンの収穫帯同
 次に、ころたんメロンの収穫体験をしてきました! 畑で完熟になったメロンは、少しひねるだけでポロッと取れることに驚きました。同時に、害虫による被害もあり、生き物を相手にすることの難しさを目の当たりにしました。 

直売所での新鮮な発見 
当日、大雨になり、畑での帯同ができなくなってしまいました。その代わり、農作物直売所(FARMER’S PALLET WINDS BASE)にお邪魔することができました! 大量の朝採れピーマンの仕分けは全て手作業で行われており、陳列に並ぶまでの工程を肌で実感できました!他にもWINDS BASEで名産品を使った商品を色々拝見しました。 

ぶどう農家へ訪問 
最後に、ぶどう農家のスガヤファームさんに、お邪魔しました!  立派なシャインマスカットは、珍しく鉢植え栽培されていました。 10種類もの品種を育てておられ、特に5月から6月にかけては繁忙期を迎えるそうです。 

その3へ

 

Pagetop

宮下氏の8月合宿レポ 【その1】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
順天堂大学 宮下采子(ことね)氏によるレポート

今回、つくば総診×「ちいここ」コラボ合宿企画で開催された、『医療系学生が、地元の企業・産業で働く人にも帯同しながら、くらしの理解を深め、コミュニティの魅力と関わり方を模索する』2泊3日のツアーが、2023年8月~9月に神栖市で、2回開催されました。愛知県、東京都、群馬県、つくば市などから、医学生や理学療法学生たちが合宿に参加して、感じたことをレポートしてくれましたので、全14回に渡って、お送りいたします。 

【ちいここ神栖合宿2023】参加メンバー  
8月:杉本さん、宮下さん  
9月:山本さん、古幡さん、宮下さん  

茨城県神栖市に、ちいここ合宿で来ました。8月と9月の両日程に参加しましたが、それぞれ特徴的で、異なった経験ができました! 

<8月の合宿初日> 

8の日程は、台風で実施が可能か否か、直前まで分からない中、ドキドキでした。 
しかし、運良く台風がそれてくれたおかげで、農業体験や訪問診療など、多くの体験をさせていただくことができました。 

訪問診療の体験:神栖済生会病院での学び 

1日目は、神栖済生会病院を訪問し、訪問診療の同行をさせていただきました。
総合診療医や患者さんのご家族からの生の声を聞くことができ、神栖という地域の特色を垣間見ることができました。 

BBQで歓迎会:神栖の農水産物を堪能

夜は、NPO法人波崎未来フォーラムや地域おこし協力隊の竹中さんなど、これからお世話になる地元の方と親睦を深めるBBQを開催していただき、とっても嬉しかったです。 
美味しくて新鮮な食材はどれも、 (株)agri new winds の飯田さんのところで育てられた農作物や特別なルートから入手してくださったお肉などでもてなしてくださいました。地元神栖の誇り、生産量と品質で日本一のピーマンはとても美味しくて、さらに波崎産の新鮮なハマグリを使った飯田さんお手製のご飯もご馳走になりました。そしてデザートには「ころたん」メロンを堪能し、神栖の魅力が詰め込まれたご飯を満喫する夜となりました。 

その2へ

【宮下氏のレポート】
  8月分
  9月分

Pagetop

古幡氏による合宿レポ【その3】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
名古屋市立大学医学部医学科3年 古幡 保之氏によるレポート

その2より

3日目>

神栖市住民と「ちいここ」学生との意見交換 
3日目は、神栖市の住民と「ちいここ」学生、そして総合診療医や地域おこし協力隊が集まり、今回の合宿を振り返る時間を持ちました。また、意見交換を通じて、これまでの経験の解像度を高めてゆくことができました。 
また、来年3月に予定される「ちいここ神栖合宿」に向けた具体的な話し合いも行われました。 私は神栖や波崎についてほとんど知らない状態で、ちいここ合宿に参加しましたが、この数日間で地元の方々の生活に少し触れることができ、神栖や波崎に対する理解を深めることができました。 

 

来たる「ちいここ」神栖合宿:新しい出会いへの期待 
来年3月の神栖合宿では、波崎で開催される「松の植樹イベント」や「くらしの相談室」ハッチポッチカフェに参加する予定です。
今回の合宿で経験できなかった新たな活動に参加できることを楽しみにしています。
 

 

 

【帯同レポ記者一覧】 

宮下氏によるレポート 

山本氏によるレポート 

古幡氏によるレポート 

杉本氏によるレポート 

 

 

 

 

 

<編集後記>

約15年前から筑波大学の医学生向けに行ってきた、「異業種への帯同をきっかけにして、生活者との関係をつくり、“くらし”と “生きる”をより深く考えてゆく」活動が、「ちいここ」とのコラボにより、ついに全国の医療系学生を受け入れるまでに発展しました。泊まり込みで集まってくれた熱心な学生たちを全力で迎え入れた地元の方とのパッションとが相まって、とても充実した合宿となりました。

運営側の私も、合宿中に、ころたん(メロン)の味の秘密や、生物的防除法、シイタケ栽培の苦労話、市民風車建設に向けた挑戦など、とても感動的で、多くの学びを得ました。協働してくださった皆様に、改めて心より感謝いたします。

これからも、「ちいここ」とのコラボ企画合宿を、まちの活性化に向けたヘルスプロモーション活動の一環として、かみす市民の皆様と共に、プライスレスな共創的活動を続けてゆきたいと思っています。

つくば総診かみすチーム 阪本 直人

【つくば総診×「ちいここ」合宿の協働や関わられた施設・団体・個人】
(およそ日程順)

・神栖済生会病院
 https://www.kamisusaisei.jp/

・かみす舞っちゃげ祭り
 https://www.kamiyosa.com/

・矢田部自動車教習所
 https://www.yatabe-ds.com/

・地元の焼肉・中華レストラン 庄花亭
 https://www.shoukatei.com/committed/

・農業生産法人 株式会社 agri new winds (アグリニューウインズ)
 https://agri-newwinds.com/service/

・スガヤファーム葡萄屋
 https://www.instagram.com/sugaya_budou/

・でいサービスみなと(児童発達支援・放課後等デイサービス等)
 https://www.minato-coco.co.jp/index.html

・市民風車「なみまる」
 https://www.ren-ibaraki.jp/2015_08_endo/

・一般社団法人波崎未来エネルギー
 https://pal-denki.jp/local/hasaki/

・NPO法人波崎未来フォーラム
 http://www.hasaki-mirai.or.jp/index.html

・地域おこし協力隊 竹中 郁人さん
 https://www.city.kamisu.ibaraki.jp/shisei/machi/1006437/1009198.html

 

Pagetop

古幡氏による合宿レポ【その2】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
名古屋市立大学医学部医学科3年 古幡 保之氏によるレポート

その1より

<2日目>
教習所での帯同:大型車の実体験と卒業検定に同乗 
2日目は、矢田部自動車教習所と市民風車「なみまる」の帯同を行いました。 
矢田部自動車教習所では、校長先生から安全運転に関する講話について伺う機会を得ました。自動車教習所を卒業して時間が経った私にとって、改めて、普段の運転に対する心構えや安全意識の向上につながりました。 さらに、大型1種の卒業検定実技運転車に同乗する貴重な体験もしました。普段は乗ることがない大型車の運転席から見える景色や、普通車とは異なる運転方法について学ぶことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

市民風車 「なみまる」の物語:地域と共に歩む風車 
風車といえば、これまで遠くから眺めるだけの存在だったのですが、市民風車「なみまる」を間近にすると、「風車は本当に大きな建造物だなぁ」と驚いてしまいました。 その後、まちづくりに取り組むNPO法人波崎未来フォーラムの遠藤さんから、市民風車「なみまる」が誕生するまでの貴重なお話を伺うことができました。 
「なみまる」が完成するまでの経緯から、風車に込められた想い、未来への展望、そして波崎町の歴史について詳しく伺うことができました。 
医療従事者として、働く地域における歴史や生活者の想いを知ることは、その地域の人びとの健康や生活を守るうえで、大切な素養であることを自分自身は理解いたしました。

その3へ

 

 

Pagetop

古幡氏による合宿レポ【その1】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
名古屋市立大学医学部医学科3年 古幡 保之氏によるレポート

今回、つくば総診×「ちいここ」コラボ合宿企画で開催された、『医療系学生が、地元の企業・産業で働く人にも帯同しながら、くらしの理解を深め、コミュニティの魅力と関わり方を模索する』2泊3日のツアーが、2023年8月~9月に神栖市で、2回開催されました。愛知県、東京都、群馬県、つくば市などから、医学生や理学療法学生たちが合宿に参加して、感じたことをレポートしてくれましたので、全14回に渡って、お送りいたします。 
【ちいここ神栖合宿2023】参加メンバー  
8月:杉本さん、宮下さん  
9月:山本さん、古幡さん、宮下さん  

 

つくば総診×「ちいここ」コラボ合宿企画への参加動機 
今回、9月16日(土)~9月18日(月)の2泊3日で、「つくば総診×ちいここコラボ合宿企画」に参加いたしました。神栖合宿に参加した主な理由は、関東出身でありながら茨城県神栖市のことをまったく知らなかったこと、そして人口が多い自治体にもかかわらず、医師の数が圧倒的に不足しているという点に興味を持ったからです。

バナー(当時)

 

神栖済生会病院での帯同:実習前の貴重な経験 
1日目は、神栖済生会病院での救急外来での帯同と、神栖市の花火大会への参加を経験しました。 
病院実習を行う前の学年のため、非常に有意義な体験になりました。救急隊員からの患者さんの容態や状況に関する電話連絡を看護師や総合診療医が受け、迅速に診察室での患者さんの対応準備をする様子を直接体験できました。救急搬送された患者さんとの意思疎通や、実際に患者さんへの治療対応や処置を経験することができ、大変有意義な帯同となりました。

 

4年ぶりの地元の夏まつりに参加 
病院での帯同を終え、神栖市の花火大会の会場へ皆で移動しました。新型コロナウイルスの影響で4年ぶりの開催となったそうですが、今年は多くの市民が第14回 かみす舞っちゃげ祭り 2023 に参加し、誰もが花火大会を楽しまれていました。新型コロナによる様々な制限があった社会生活でしたが、この神栖市の花火大会を通じて、徐々に新型コロナ前の生活に戻りつつあることを実感いたしました。

その2へ

 

 

Pagetop

山本氏による合宿レポート【その3】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
筑波大学医学群医学類4年 山本司氏によるレポート

その2より 

<2日目 後編、最終日>

 「でいサービスみなと」での体験 
次に、でいサービスみなと(児童発達支援・放課後等デイサービス等)にお伺いし、発達障害を持つ子どもたちとの触れ合いの場を見学させていただきました。 訪問時間に限りがあったため、子どもたちと深く関わることはできませんでしたが、一人ひとりのペースに合わせた教育や、ダンスを取り入れた活動を通じて、子どもたちが楽しく体を動かしている様子に多くの工夫を垣間見ることができました。ぜひ、今度はゆっくりと訪れたいと思います。

公式ホームページ抜粋

 

市民風車「なみまる」についての学び 
最後に、市民風車「なみまる」と波崎地区での取り組みに関して、NPO法人波崎未来フォーラムの遠藤さんから貴重なお話を伺う機会を得ました。市民風車設立の背景にある理念や、海岸での清掃活動、松の植樹イベントなど、地域の環境保全に向けた幅広い活動について教えていただきました。これらの話を通じて、現在の神栖の町並みがどのような過程を経て形成されてきたのか、深く考えさせられる時間となりました。 

合宿最終日:学びの共有と今後の企画会議 
3日目は、これまでの2日間で学んだことを皆で共有し、意見交換をして、今回の合宿の振り返りをしました。この3日間の中で、多くの神栖市民の方と触れ合うことで、神栖という町の良さも、課題も感じることができました。同じ茨城県にある神栖市ですので、今後もいろいろな形での関わりがあると思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ちいここ公式Xより

 

 

【帯同レポ記者一覧】 

宮下氏によるレポート 

山本氏によるレポート 

古幡氏によるレポート 

杉本氏によるレポート 

 

<編集後記>

約15年前から筑波大学の医学生向けに行ってきた、「異業種への帯同をきっかけにして、生活者との関係をつくり、“くらし”と “生きる”をより深く考えてゆく」活動が、「ちいここ」とのコラボにより、ついに全国の医療系学生を受け入れるまでに発展しました。泊まり込みで集まってくれた熱心な学生たちを全力で迎え入れた地元の方とのパッションとが相まって、とても充実した合宿となりました。

運営側の私も、合宿中に、ころたん(メロン)の味の秘密や、生物的防除法、シイタケ栽培の苦労話、市民風車建設に向けた挑戦など、とても感動的で、多くの学びを得ました。協働してくださった皆様に、改めて心より感謝いたします。

これからも、「ちいここ」とのコラボ企画合宿を、まちの活性化に向けたヘルスプロモーション活動の一環として、かみす市民の皆様と共に、プライスレスな共創的活動を続けてゆきたいと思っています。

つくば総診かみすチーム 阪本 直人

【つくば総診×「ちいここ」合宿の協働や関わられた施設・団体・個人】
(およそ日程順)

・神栖済生会病院
 https://www.kamisusaisei.jp/

・かみす舞っちゃげ祭り
 https://www.kamiyosa.com/

・矢田部自動車教習所
 https://www.yatabe-ds.com/

・地元の焼肉・中華レストラン 庄花亭
 https://www.shoukatei.com/committed/

・農業生産法人 株式会社 agri new winds (アグリニューウインズ)
 https://agri-newwinds.com/service/

・スガヤファーム葡萄屋
 https://www.instagram.com/sugaya_budou/

・でいサービスみなと(児童発達支援・放課後等デイサービス等)
 https://www.minato-coco.co.jp/index.html

・市民風車「なみまる」
 https://www.ren-ibaraki.jp/2015_08_endo/

・一般社団法人波崎未来エネルギー
 https://pal-denki.jp/local/hasaki/

・NPO法人波崎未来フォーラム
 http://www.hasaki-mirai.or.jp/index.html

・地域おこし協力隊 竹中 郁人さん
 https://www.city.kamisu.ibaraki.jp/shisei/machi/1006437/1009198.html

 

Pagetop

山本氏による合宿レポート【その2】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
筑波大学医学群医学類4年 山本司氏によるレポート

その1より

<2日目 前編> 

教習所での帯同を通して得られた視点  
2日目は、異業種帯同メニューが盛りだくさんな一日でした。 矢田部自動車教習所へ、朝からお伺いしました。 この地域は鹿島臨海工業地帯を含む工場団地が広がっており、フォークリフトやトラックの運転免許を取得し、出荷業務を担当する者が、他の地域よりも多いそうです。 
今回、大型自動車免許の卒業検定のシーンに帯同させていただきました。実際にトラックに乗ってみると、まるで2階から見下ろしているような感じで、非常に驚きました。 
普通の乗用車とは見える角度や視野も違うことに驚きました。また、大型トラックのブレーキは、普通自動車よりも制動力が高められており、荷物を積んだ状態でもブレーキがかかるようになっているとのことでした。裏を返せば空車 (くうしゃ:荷物を積んでいない状態のこと)の際には、極端にブレーキがかかりやすくなるそうです。そのため、トラックドライバーは、車体感覚はもちろんのこと、死角、総重量、制動など、これらのことを総合した上で運転しなければならないことを帯同を通して実感することができました。 

 

地元レストランでのホールスタッフ帯同:接客業と医師の診察の類似点  
次に、地元の焼肉・中華レストラン 庄花亭でのホールスタッフに帯同させていただきました。私は、普段バイトをしていないため、配膳のバイトの気分を味わう形で新鮮でした。 特に、客に対するおもてなしの心に気を付けていることを実感することができ、勉強になりました。このような接客業と医師の行う診察には似ていることが、いくつかあると実感しました。 

 その3へ

 

Pagetop

山本氏による合宿レポート【その1】

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
筑波大学医学群医学類4年 山本司氏によるレポート 

今回、つくば総診×「ちいここ」コラボ合宿企画で開催された、『医療系学生が、地元の企業・産業で働く人にも帯同しながら、くらしの理解を深め、コミュニティの魅力と関わり方を模索する』2泊3日のツアーが、2023年8月~9月に神栖市で、2回開催されました。愛知県、東京都、群馬県、つくば市などから、医学生や理学療法学生たちが合宿に参加して、感じたことをレポートしてくれましたので、全14回に渡って、お送りいたします。 
【ちいここ神栖合宿2023】参加メンバー 
8月:杉本さん、宮下さん  
9月:山本さん、古幡さん、宮下さん  

まずはこのような合宿を開催してくださりありがとうございました。 3日間を通して、臨床の現場、神栖や波崎で働く人たちの現場や暮らしに触れることができて、とても勉強になる3日間でした。  

神栖済生会における救急日直帯同: 医療資源の地域格差 
 1日目は、総合診療医に帯同し、神栖済生会病院での休日救急を経験しました。神栖の医療圏における神栖済生会の位置づけを知ることができました。神栖市を含む医療圏には大きな病院がなく、3次救急にも対応せざるを得ない現状でした。また、潮来市や鉾田市には病院の数が少なく、遠くから救急搬送される現状や、外来も神栖済生会病院まで遠くから通わなければならない現状を肌で実感することができました。 

このように、神栖市近隣の医療圏には、医療資源の地域格差が生じており、求められる医療ついても考えるきっかけを得ました。 

 

4年ぶりの花火大会
夜は、第14回 かみす舞っちゃげ祭り 2023 に参加しました。 コロナ渦で近年開催できていなかったそうで、今年が久しぶりの開催となったことから、街には、大勢で賑わっていました。

 

 

その2へ

 

Pagetop

杉本氏による合宿レポート in かみす

2024年1月28日テーマ:筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 神栖, 未来医療GP, 地域包括ケア, 医学教育

コミュニティにどっぷり! ちいここ合宿 in かみす
群馬大学医学部保健学科理学療法学専攻
杉本慈(やすし)氏によるレポート
 

今回、つくば総診×「ちいここ」コラボ合宿企画で開催された、『医療系学生が、地元の企業・産業で働く人にも帯同しながら、くらしの理解を深め、コミュニティの魅力と関わり方を模索する』2泊3日のツアーが、2023年8月~9月に神栖市で、2回開催されました。愛知県、東京都、群馬県、つくば市などから、医学生や理学療法学生たちが合宿に参加して、感じたことをレポートしてくれましたので、全14回に渡って、お送りいたします。【ちいここ神栖合宿2023】参加メンバー  
8月:杉本さん、宮下さん  
9月:山本さん、古幡さん、宮下さん

 

つくば総診の皆様方のご協力のもと、「ちいここ」として茨城県神栖市で合宿をさせていただきました! 
地方での医療の在り方、そして地域を盛り上げる地域の皆さんの努力。改めて地域のことを深く考えさせられるきっかけになる合宿でした。 
合宿にご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

 

 

 

【レポ記者一覧】 

宮下氏によるレポート 

山本氏によるレポート 

古幡氏によるレポート 

杉本氏によるレポート 

 

 

<編集後記>

約15年前から筑波大学の医学生向けに行ってきた、「異業種への帯同をきっかけにして、生活者との関係をつくり、“くらし”と “生きる”をより深く考えてゆく」活動が、「ちいここ」とのコラボにより、ついに全国の医療系学生を受け入れるまでに発展しました。泊まり込みで集まってくれた熱心な学生たちを全力で迎え入れた地元の方とのパッションとが相まって、とても充実した合宿となりました。

運営側の私も、合宿中に、ころたん(メロン)の味の秘密や、生物的防除法、シイタケ栽培の苦労話、市民風車建設に向けた挑戦など、とても感動的で、多くの学びを得ました。協働してくださった皆様に、改めて心より感謝いたします。

これからも、「ちいここ」とのコラボ企画合宿を、まちの活性化に向けたヘルスプロモーション活動の一環として、かみす市民の皆様と共に、プライスレスな共創的活動を続けてゆきたいと思っています。

つくば総診かみすチーム 阪本 直人

【つくば総診×「ちいここ」合宿の協働や関わられた施設・団体・個人】
(およそ日程順)

・神栖済生会病院
 https://www.kamisusaisei.jp/

・かみす舞っちゃげ祭り
 https://www.kamiyosa.com/

・矢田部自動車教習所
 https://www.yatabe-ds.com/

・地元の焼肉・中華レストラン 庄花亭
 https://www.shoukatei.com/committed/

・農業生産法人 株式会社 agri new winds (アグリニューウインズ)
 https://agri-newwinds.com/service/

・スガヤファーム葡萄屋
 https://www.instagram.com/sugaya_budou/

・でいサービスみなと(児童発達支援・放課後等デイサービス等)
 https://www.minato-coco.co.jp/index.html

・市民風車「なみまる」
 https://www.ren-ibaraki.jp/2015_08_endo/

・一般社団法人波崎未来エネルギー
 https://pal-denki.jp/local/hasaki/

・NPO法人波崎未来フォーラム
 http://www.hasaki-mirai.or.jp/index.html

・地域おこし協力隊 竹中 郁人さん
 https://www.city.kamisu.ibaraki.jp/shisei/machi/1006437/1009198.html

 

Pagetop

飲酒ガイドラインの解説でのテレビ出演のご報告

2024年1月26日テーマ:筑波総合診療グループ

「お酒ってどれくらい飲んでよいの?」

そんな素朴な疑問に答える「飲酒ガイドライン」の作成が、厚生労働省で現在進行形で行われています。
この度、2023年12月8日関西テレビの番組「とれたてっ!」に、飲酒ガイドラインの解説で出演させていただきました。

番組では、年末の忘年会シーズン、街の人々がどのようにお酒を飲んでるのか?のインタビューに始まり、「純アルコール量20gとはどのくらいか?」について、計算式の紹介や実際のお酒の模型を使った説明がありました。また、飲酒に関わるクイズ(チェイサーはよいのか?チャンポンをすると悪酔いするのか?など)もあり、会場は大きく盛り上がりました。

「とれたてっ!」は生放送だったのでアーカイブはないのですが、当科の吉本尚先生が出演した別放送をYoutubeで見ることができますので、興味のある方はぜひご覧になってください。

関西テレビ【newsランナー】

日テレ【#みんなのギモン】

海外では各国が国としての飲酒量について言及する中、今回の「飲酒ガイドライン」は今後の日本の飲酒の指針となることが期待されています。飲食店やメーカーなどでも純アルコール量を記載する動きも広がっており、このガイドラインを参考にしつつ、適切な飲酒量を守って、楽しくお酒を付き合えるようになればと思います。

参考資料)厚生労働省.飲酒ガイドライン作成検討会

筑波大学総合診療科 久野 遥加

Pagetop