「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

筑波大学附属病院総合診療科 ブログ

大子町の小学校での健康授業「睡眠について」

2020年11月16日テーマ:筑波総合診療グループ

2020年11月10日に大子町にある生瀬小学校で、4年生から6年生を対象に健康授業を行いました。
事前に学校の先生から、体調不良で保健室を訪れる児童に睡眠不足が多いことを伺い、今回は睡眠についての話をしました。

当日は、睡眠に関する10の○✕クイズ形式を取り入れてパワーポイントスライドによる授業を行いました。
クイズの解説を通して、早寝早起き、朝食を食べて規則正しく生活すること、朝起きてから太陽の光を浴びて体内リズムを是正すること、帰宅後の仮眠のデメリットや休日におそくまで寝ているデメリットを理由を含めて説明しました。そして良く眠るためのコツとして、寝る前のテレビ、ゲーム、スマホなどを避けることや、コンビニなど明るい場所へ行かないことを説明しました。

スライドのアニメーションによる紙めくりは非常に好評で、児童は積極的に手を挙げて答えてくれていました。
今回は、単に「睡眠が大切だ」という話だけではなく、その背景知識まで伝えることで、より印象に残ってくれたのではないかと考えています。

この授業が、児童が自ら睡眠について考えるきっかけになってくれると良いな、と思いました。

つくば家庭医・病院総合医プログラム後期研修医/北茨城市民病院
広川 健信

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療科

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして