「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

筑波大学附属病院総合診療科 ブログ

医療保健福祉分野の多職種連携コンピテンシー

2016年4月18日テーマ:筑波総合診療グループ, 未来医療GP

未来医療GPのプロジェクトとして、当グループの吉本先生と春田先生が関わり、「多職種連携コンピテンシー」が開発されました。

多職種連携コンピテンシー

(出典:未来医療GPホームページ

上記ホームページ記事の再掲になりますが、吉本先生、春田先生からのコメントを下に記載いたします。

事業の素晴らしい成果として、ぜひ日々の仕事の中でご活用ください!

————————————

日本の医療保健福祉分野の卒前教育は伝統的に相互に独立して行われ、学生は他の職種を十分理解しないまま卒業し、卒業後も忙しい臨床現場の中では自分の職種の役割をこなすだけで精一杯で、互いの職種を理解する機会もなく毎日がすぎ、中堅・管理職となっているのが現状ではないだろうか?

本来であれば卒前~生涯教育において、連携協働の価値観を学べるような一貫した多職種連携教育が必要であるが、これまでは準備状態が整っていなかった。そこで、本邦でも多職種連携教育・実践を促進するべく卒前~生涯教育にかけて応用できる、多職種連携を実践するために必要な能力(コンピテンシー)を学会・職能団体を巻き込んで開発した。コンピテンシーに関しては「多くの団体が協力してコンピテンシーを作り上げ、賛同した団体・個人が自由に利用できるという形が望ましい」という考えから、ホームページ等に継続してアップし、どなたでも使えるようにしていきたい。

我々総合診療領域の医師のみならず、医療保健福祉分野に関わる専門職の方々の教育・臨床に、今回開発した多職種連携コンピテンシーが役に立つことを願っています。

(春田淳志/吉本尚)

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療科

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして