「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

筑波大学附属病院総合診療科 ブログ

コアレクチャー「臨床倫理」

2015年6月1日テーマ:筑波総合診療グループ, ステーション, 地域医療教育学講座, 大学, 未来医療GP

臨床の場において、がん告知や高齢者の治療、延命治療等、どの選択肢を選ぶべきか迷いが生じる場面が多々あります。そういった場面で第一に考えるべきこととして、患者さんの倫理的な問題があげられます。今回のコアレクチャーは、そんな「臨床倫理」がテーマでした。

 

前半はレクチャー、後半はロールプレイを行いました。レクチャーでは、倫理的な問題を共有、整理、分析し、解決を試みる手段として、「臨床倫理4分割法」を習いました。

 

【臨床倫理4分割法】

・医学的適応(Medical Indication)

・患者の意向(Patient Preferences)

・QOL(Quality of Life)

・周囲の状況(Contexual Features)

 

後半は、実際に出会った症例を題材に、臨床倫理4分割法を用いて、患者さんの情報について共有し、項目ごとに整理をしました。そして、どの項目同士が相反しているのかを分析し、今後どのような解決策があるか、議論をしました。実際に患者さんの対応をした先生と初めて情報を聞いた先生が、それぞれの立場で意見を言い、議論することで、たいへん意義深いものとなりました。

 

レクチャー・ロールプレイを通して、自分が臨床の場において医学的適応を重視してしまっていると感じると同時に、医学的適応は医師として、当然大事にすべきものではあるが、患者の意向や、QOL、周囲の状況はその患者さんの人生という視野でみた際、大変重要な情報であり、見落としてはならないものと感じました。

今後は臨床の場において、まずは患者さんの背景にある情報を収集することから始め、選択に迷いが生じた際はその情報を用いて、共有、整理、分析し、患者さんにとってベストな解決策を探求していきたいと思います。

 

 

(J1 萩原悠也)

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして