「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

筑波大学附属病院総合診療グループ ブログ

大子町での講演 食生活改善推進員研修会にて

2019年2月12日テーマ:筑波総合診療グループ

講演の様子

地域総合診療医学講座の片岡です。
2月5日(火)に大子町保健センターで、食生活改善推進員の皆さんに講演をしてきました。

食生活改善推進員というのは、食生活に関する地域の健康づくりに関わるボランティアのことで、一般財団法人日本食生活協会が行政と連携し、全国の市町村で協議会組織を作っています(日本食生活協会のHPはこちら)。

大子町でも、各地区での料理講習会や2歳児検診でのおやつ指導など、多くのボランティアの皆さんが活動されています。

講演の様子 その2

今回の講演タイトルは「食習慣についてのアドバイス方法」でした。
糖質制限や、卵とコレステロールの関係、またお酒とカロリーの話など、事前アンケートから皆さんから関心の高いと思われる話題を中心にお話をしました。

また、住民の皆さんに健康や食生活に関するアドバイスをする上で、「健康信念モデル」の紹介を少ししました。途中のディスカッションでも参加者の皆さんが活発に議論してくださっていました。

今後も、このような診療外での活動も続けていきたいと思います。

片岡 義裕

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療グループ

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして