「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

筑波大学附属病院総合診療科 ブログ

S2稲葉先生の診療所研修が終わりました!

2015年9月30日テーマ:筑波総合診療グループ, ステーション, 地域医療教育学講座, 大学, 大和クリニック, 未来医療GP

大和クリニックの髙木です。あっという間に9月も終わりですね。

今日も秋晴れの中、筑波山のふもとで訪問診療です。

1

さて、4月から半年間、大和クリニックでご活躍されました稲葉先生の診療所研修がついに終わりました。

将来は病院で働く総合診療医を目指している稲葉先生は、病院診療と在宅診療の違いを常に意識しながら、診療されておりました。患者さんにも大変評判がよく、時には難聴のお年寄りの耳垢をとったり、水虫っぽい足の爪や皮膚をとっては顕微鏡でみたり、とても熱心に診療されておりました。もちろん医学生や研修医の指導も頑張っておられました。

また、訪問看護師さんを巻き込んだ飲み会を2回も企画してくれたり、クリニック周辺のおいしいお店を片っ端から攻めていったり、「愛すべきグルメキャラ」としても定着されておりました。

2

先日、半年間の研修の振り返りをSEA(Significant Event Analysis)を用いて発表してもらいました。初めてのご自宅でのお看取りを経験したり、あるいは患者さんの療養先の選択に一緒に悩んだり、とてもよい経験ができたそうです。

思ってみれば短かったようですが、春から秋にかけて、季節を感じながら診療できる、っていいですよね!

10月から水戸に行っても頑張ってください。

3

 

大和クリニック 髙木博

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして