「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

筑波大学附属病院総合診療科 ブログ

「ぼくらのアルコール診療 シチュエーション別。困ったときの対処法」 世に出ました!

2015年6月9日テーマ:筑波総合診療グループ, ステーション, 地域医療教育学講座, 大学, 未来医療GP

総合診療医の日常診療の中で、数多く接するアルコールの問題。

このアルコールに関する接し方について、今まで総合診療医的な視点で
書かれた書物は多くありませんでした。

このため、以前から出版社の方に「ぜひプライマリ・ケアで働く医療従事者を
主対象としたアルコール診療に関する教科書がほしい!」と無理を言って
おりましたところ、今回の書籍出版のお話をいただきました。

編集としてご一緒させていただきました小松先生、久我先生、長先生、
そして編集部の皆様には大変お世話になりました。
ぜひ多くの方の診療にお役立ていただければと思います。
監修の伴信太郎先生から刊行によせてメッセージをいただきましたので、
本文内から抜粋してご紹介いたします。
『(前略)しかし、ここ1-2年、時代は急激に動いています。「アルコール健康
障害対策基本法」の影響が大きいといえます。総合診療医も予防的な取り組みを
促されることになるでしょう。(中略)本書を座右に置いて、予防的な取り組み
にぜひお役立ていただきたいと思います。』

日本を代表するアルコールの専門家である樋口進先生からは、以下のコメントを
いただきました。同じく本書より抜粋します。
「本書には、従来にない、いくつかの特徴があります。まず、本書のプランニン
グから執筆に至るまで、すべて若手の先生方が中心になって進められたことです。
(中略)第二に、本書が総合診療医とアルコール専門医のコラボで出来上がって
いることです。(中略)第三に、書名のとおり、アルコール診療にすぐに使える
ように内容に工夫がされています。大変わかりやすく内容が説明されているのも、
大きな魅力の1つです。」

著者の吉本先生

著者の吉本先生


(スタッフ 吉本尚)

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして