「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

筑波大学附属病院総合診療科 ブログ

第56回医学教育セミナーとワークショップ in 埼玉医大

2015年6月7日テーマ:筑波総合診療グループ

 

 

第56回医学教育セミナーとワークショップ in 埼玉医大に参加してきました。

このワークショップはMEDC(岐阜大学医学教育開発センター)が主催で年4回開催され、新しい医学教育の開発と普及を目的としています。

先週のACP日本支部年次総会2015に続き、こちらでも林先生を中心に「一歩先行くサマリーの書き方・教え方」のワークショップをしてきました。今回は前回と内容を変化させ、多職種を巻き込んだサマリーのワークショップとなりました。

DSC04157DSC04143

林先生によるレクチャーの後、医師・看護師・薬剤師・リハビリ・栄養士・医療事務それぞれ職種ごとのサマリーのあり方をディスカッションしていきました。

職種によりサマリーの要点や役割が異なり、そのことをお互いが意識することで自職種のサマリーも更に内容を向上しブラッシュアップすることができそうです。

DSC04159DSC04164

 

最後に、明日からの自分の目標を宣言してWSは終了。

今回はスタッフとして筑波メディカルセンター病院・茨城県立医療大から看護師・薬剤師・リハビリ・栄養士・医療事務の皆様にご協力いただきました。ありがとうございました!

スタッフからは、「ぜひ院内で同じWSをやってほしい」などの声も聞かれ、非常に満足度の高いWSとなったようです。

 

S2 稲葉 崇

 

 

 

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして