「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

筑波大学附属病院総合診療科 ブログ

祝:北茨城市民病院附属家庭医療センター 開所式

2015年5月20日テーマ:筑波総合診療グループ, ステーション, 地域医療教育学講座, 大学, 未来医療GP

ここ北茨城市は、茨城県の最北端、福島県との県境に位置しており、人口10万人あたりの医師数が100人を切る医師不足地域。市の多大なご理解とご協力の下、筑波大学総合診療科と連携した家庭医療センターがいよいよオープンします。

構想・設計段階から関わり、外来プリセプター室やカンファレンス室、学生用宿泊室(4室)、遠隔テレビ会議システムなど、教育機能もしっかりと盛り込んでいただくことが出来ました。

オープンは6月1日。外来・在宅診療はもちろんのこと、公立である特長を活かし、町の健康作りにも積極的に関わっていきたいと考えています。さらに、この恵まれた環境を活かし、当科の持つ教育資源や指導体制を最大限活用して、家庭医養成のモデル拠点形成を目指したいと思います。

 

昨日の開所式では、市長をはじめたくさんの方々から激励のメッセージをいただきました。
また、私がレジデント時代に総合診療の基本を教えていただいた津田司先生、
学会理事長の丸山先生も来賓としてご参列いただき、温かいご支援のお言葉をいただくことができ、
本当にうれしく思いました。

北茨城市は、東京から電車で2時間、筑波から車で1時間半のところにあります。

料理もおいしく、温泉もあり、人も温かく、とてもいいところです。
是非お越しください!

あわせて、茨城新聞のニュースにも取り上げていただきました。(動画あり)

kitaiba
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14320281479639

こちらの宮澤センター長の堂々とした素晴らしいインタビュー(2分40秒あたり)もぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=ctU-ToDyjsw

 

皆さんのご期待に少しでも応えられるよう、グループを挙げて、これからも頑張ります。

引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ 前野哲博/編集 堤・阪本)

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして