筑波大学附属病院総合診療科 ブログ

「高齢者施設の服薬簡素化提言」に、当大学院メンバーらによる論文が引用されています

2024年5月24日テーマ:総合診療塾, 学術活動(学会発表・論文・書籍), 筑波総合診療グループ, 地域医療教育学講座, 未来医療GP, 地域包括ケア

 

2024年5月17日、一般社団法人日本老年薬学会から「高齢者施設の服薬簡素化提言」が発表されました。詳細はこちらからご覧いただけます。

この提言には、つくば総診の大学院(筑波大学大学院地域医療教育学分野)メンバーらによる論文が引用されています。現場では既に実施されていることも多いかと思いますが、この提言は患者さんや現場の負担を軽減するための大きな一歩です。総合診療医の皆様も多くの施設を訪問されているかと思います。抜粋してご紹介いたしましたので、参考にしていただければ幸いです。

 

提言1: 服薬回数を減らすことによる多くのメリット

服薬回数を減らすことで、以下のような多くのメリットが期待できます:

  • ・誤薬リスクの低下
  • ・医療安全の向上
  • ・入所者/入居者の服薬負担軽減
  • ・服薬アドヒアランスの向上
  • ・施設職員の与薬負担軽減
  • ・勤務の平準化

 

提言2: 服薬は昼1回にまとめることを積極的に検討する

施設職員の多い昼に服薬を集約することで、さらなるメリットが期待できます。ただし、以下の点に注意が必要です:

  • ・昼服用に適さない薬剤がある
  • ・療養場所の変更時には見直しが必要

 

この提言が、国民と医療者の安全とQOL(生活の質)向上の一助となれば幸いです。

 

 

【引用された論文】

● Shoichi Masumoto 1 2, Mikiya Sato 3 4, Kenji Momo 5, Aya Matsushita 6, Kosuke Suzuki 5, Hiroshi Shimamura 5, Tadanori Sasaki 5, Jun Hamano 7.
Development of medication regimen complexity index: Japanese version and application in elderly patients. Int J Clin Pharm. 2021 Aug;43(4):858-863. doi: 10.1007/s11096-020-01185-z. Epub 2020 Nov 2. PMID: 33136252.

1 Department of Family Medicine, General Practice and Community Health, Faculty of Medicine, University of Tsukuba.
2 Department of General Medicine, Tsukuba Central Hospital, Ushiku, Japan. 
3 Health Services Research and Development Center, University of Tsukuba, Tsukuba, Japan.
4 Health Services Center, Human Resources Group, Sumitomo Heavy Industries, Ltd., Tokyo, Japan.
5 Department of Pharmacy, Showa University Hospital, Tokyo, Japan.
6 Welcia Yakkyoku Co. Ltd., Tokyo, Japan.
7 Division of Clinical Medicine, Faculty of Medicine, University of Tsukuba, Tsukuba, Japan.

● Shoichi Masumoto 1 2, Mikiya Sato 3 4, Tomotsugu Yamakawa 5, Shuhei Hamada 6, Takashi Inaba 1, Yoshihiro Kataoka 1, Sachiko Ozone 1, Shoji Yokoya 1, Jun Hamano 7.
Evaluation of changes in prescription among Japanese elderly patients before and after transition to home care. J Gen Fam Med. 2021 Nov 8;23(2):94-100. doi: 10.1002/jgf2.506. PMID: 35261856; PMCID: PMC8888811.

1 Department of Family Medicine, General Practice and Community Health, Faculty of Medicine University of Tsukuba Tsukuba Japan.
2 Department of General Medicine Tsukuba Central Hospital Ushiku Japan.
3 Department of Health Services Research, Faculty of Medicine University of Tsukuba Tsukuba Japan.
4 Health Services Center, Human Resources Group Sumitomo Heavy Industries, Ltd Tokyo Japan.
5 Graduate School of Comprehensive Human Sciences University of Tsukuba Tsukuba Japan.
6 Yamato Clinic Sakuragawa Japan.
7 Division of Clinical Medicine, Faculty of Medicine University of Tsukuba Tsukuba Japan.

 

Pagetop

論文掲載のご報告

2024年5月17日テーマ:学術活動(学会発表・論文・書籍), 筑波総合診療グループ

こんにちは。C1(医師5年目)の山田です。
 
この度、人生初の論文投稿をさせていただいたのでご報告です。
 
 なぜ診断できたのか、なぜ論文化できたのかについて楽しく記載していきます。
症例は、医師3年目(つくば1年目)の筑波メディカルセンター病院で経験しました。来院された高齢女性は、四肢に浮腫と疼痛があり困っておりました。初めに除外すべき心、腎、肝、甲状腺、薬剤性を考えましたがいずれも否定的で、私も困ってしまいました。中でも困っていたのは浮腫の見た目。四肢が腫れているのに、手首だけは腫れてないのです。  
 外来後、そのまま診療科長の廣瀬知人先生のデスクに乗り込みました。「手首だけ腫れてない浮腫なんです。助けてください。」と言ったところ、すぐさま「筋膜炎か筋炎じゃね?」とお言葉をいただき稲妻が走ったのが、今でも鮮明に覚えています。その後、一緒に診察していただきとんとん拍子で診断に辿り着き、患者予後を改善できました。  
 月日は流れ、医師4年目。忙しさにかまけて学会発表も論文化も後回しにしていた私。水戸協同病院で勤務中に、エレベータでたまたま出会った橋本恵太郎先生に「山田先生、PC学会に出す抄録を作ってください」と言われました。(え、先生、PC学会のポスター抄録締切まであと10日しかないですよと心の中で思いつつ)「わかりました」と答えました。締切が間近になれば男子校出身は強いです(偏見)。なんとか書き上げ橋本先生に提出しました。 「じゃあ、山田先生、次は論文化しましょう」。そこからは記憶もないです。気づいたら、『PC学会ポスター発表前に』、論文提出まで行ってました。
 
 思い返してみると論文検索、提出方法、提出後査読者からのコメントへの返信、修正、、などなど何度も心が折れかけました。その度に、橋本先生は手取り足取り、助けてくださいました。
 このように、つくばプログラムには、相談しやすく親身に見てくれる上級医に恵まれています。この場をお借りして、繰り返し添削、ご指導をいただきました橋本先生、廣瀬知人先生、鈴木將玄先生にお礼を申し上げます。お忙しい中誠にありがとうございました。 この経験を活かし、今後も論文執筆を続けて行きたいと思います。
 
C1 山田辰樹

Pagetop

治療 Vol.106, 2024年2月号「ロスジェネを診よう」に寄稿させて頂きました!

2024年5月11日テーマ:学術活動(学会発表・論文・書籍), 筑波総合診療グループ

 専攻医4年の巴です。遅くなりましたが、月刊誌 治療 Vol.106, No.2, 2024年2月号「ロスジェネを診よう」に、入局同期の石塚先生、川瀬先生、巴がそれぞれ片岡先生、木村先生、稲葉先生にご指導頂き、「壮年期に多い問題」、「壮年期のヘルスプロモーション」の各論を執筆させて頂きました。

(「ロスジェネ」とはロストジェネレーションの略で現在40〜50代前半程度の壮年期の年代の方です。壮年期の年代の方の疾患や健康増進などについて幅広く解説しました)

 

 初めての医学雑誌の執筆で、形に遺る嬉しさと責任を感じながら、より正確なエビデンス、誤字脱字、読者の興味・関心に応えることに留意して執筆致しました。

 本号の編集幹事が医局の大先輩である、みぞのくちファミリークリニックの髙木 博先生であったご縁もあり、お声がけ頂きました。つくば総診の繋がりを実感しました。
 貴重な経験を積ませて頂き、ありがとうございました!

専攻医4年 巴 悠記

Pagetop

論文掲載のご報告

2024年4月29日テーマ:学術活動(学会発表・論文・書籍), 筑波総合診療グループ

専攻医2年の島崎千奈です。

この度、ケースレポートがCureusに掲載されましたのでご報告致します。

Hyperosmia and Hypergeusia As Potential Clues in Diagnosing Adrenal Insufficiency: A Case Report

昨年秋に大学総診の外来で経験した、嗅覚過敏・味覚過敏を契機に副腎不全の診断に至った症例です。

「半年前からの食欲不振、体重減少」を主訴に近医よりご紹介となった症例でした。
大学総診では症候学などを題材に毎日朝レクチャーが行われています。
ちょうどその日の朝レクチャーは「食欲不振」がテーマで、横谷先生より「食欲不振について問診する際には、口腔内・嚥下・消化器のどこに問題があって食欲不振につながっているのか、系統的に聴取するように」とのレクチャーをして頂きました。

外来で実践してみたところ、「食べ物の味が塩辛く感じるようになった」とのお話しがありました。
そこで、以前に医学雑誌『総合診療』で「副腎不全では嗅覚、味覚、聴覚が過敏になることがある」「嗅覚過敏をみたら、副腎不全、妊娠、片頭痛を鑑別に挙げる」と読んだのを思い出し、close-ended questionで尋ねたところ、嗅覚過敏の症状もあることが分かり、副腎不全を想起し診断に繋げることができました。

大学総診の初診外来研修ではじっくり時間をかけて問診や身体診察を行い、その日のうちに指導医とともに振り返りレビューも行うので非常に勉強になります。気になる研修医の先生は、是非一度見学にいらしてください!

ケースレポート執筆は初めての経験で、「ケースレポートとは何か」というところから学ぶ必要がありましたが、1から事細かにご指導頂き、先生方に度重なる添削をして頂きましたおかげで、この度、Cureusに無事acceptされました。

今回、日頃の座学で学んだことを活かして診断に繋ぐことができ、臨床の楽しさを実感しました。また、このような印象に残る症例を自身初のケースレポートとして報告できたことも大変嬉しく思います。

最後になりましたが、執筆に際し厚くご指導頂きました先生方には心より感謝申し上げます。

Pagetop

Medical Practiceの増刊号の各論を執筆しました!

2024年4月23日テーマ:学術活動(学会発表・論文・書籍), 筑波総合診療グループ

 笠間市立病院の専攻医の久保田祥央です。 

 この度、Medical Practice「予防医療の羅針盤」の「Q36 動脈硬化のスクリーニングで推奨される検査にはどのようなものがあるか?」について執筆しましたので、ご報告申し上げます。 

 予防医療に関して最新のエビデンスをまとめた「Medical Practice『予防医療の羅針盤』」(詳細はこちら!)が今年の4月に発売されました。 

カバー写真

 がん検診・カウンセリング・予防投薬などのエビデンスに加え、普段何気なくしている健康診断・脳ドックなどについて「本当に意味があるの?医療費削減につながるの?」という疑問についても記載され、学生さん、研修医、専攻医にとって非常に勉強になる本になっています。(一通り読んでみましたが、目から鱗な情報ばかりです!) 同グループの小曽根先生にお声をかけていただき、ご指導いただきながら執筆しました。元々予防医療に興味を持っていましたので、素晴らしい本の各論の1つを担当するという貴重な機会をいただき、光栄に存じます。この本を読んで、さらにヘルスプロモーションやヘルスメンテナンスに尽力していく所存です。 

 また、同グループの吉本先生が「Q60 アルコール使用障害や薬物使用障害に対するスクリーニングやカウンセリングとは?」について執筆されております。非常にわかりやすく、勉強になります! 是非、お手に取ってご覧ください! 日常診療の一助になれば幸いです!

専攻医 久保田 祥央 

Pagetop

帯状疱疹ワクチンに関する研究論文がパブリッシュされました

2023年9月16日テーマ:学術活動(学会発表・論文・書籍), 筑波総合診療グループ

稲葉@笠間&大学です。

春田先生、後藤先生、前野先生に御指導いただきながら大学院生として進めてきた帯状疱疹ワクチンの研究論文がパブリッシュされ、

大学からもプレスリリースが出ましたので、共有させていただきます。

プレスリリース

https://www.tsukuba.ac.jp/journal/medicine-health/20230901140000.html

 

論文

https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/21501319231192760

 

掲載までは長い道のりでしたが、

先生方のご指導で何とか辿り着くことができました。

本当にありがとうございました!

自分が臨床のフィールドとしている笠間で行った研究がこうして世界に発信できたこと、非常にうれしく思います。

研究の面でも貢献できるよう、引き続き頑張りたいと思います。

 

 

笠間市立病院&筑波大学 稲葉 崇

Pagetop

論文が2本掲載されました(日本在宅医療連合学会誌、日本プライマリ・ケア連合学会誌)

2023年7月2日テーマ:学術活動(学会発表・論文・書籍), 筑波総合診療グループ

筑波大学総合診療科、つくばセントラル病院の舛本です。
私の執筆した論文が、日本在宅医療連合学会誌に掲載されましたので共有させていただきます。

在宅医はどのように処方薬を評価し,どのような処方行動をとるのか?~質的帰納的研究~

つくば総診グループの先生方を始めとして、在宅医療に携わる先生方の処方に関する考え方をインタビューさせて頂いたものです。
研究にご協力いただいた先生方にはこの場をお借りして、お礼申し上げます。
初めての質的研究への挑戦でとても苦労しましたが、春田先生のご指導もあり、おかげさまで出版に至ることができました。
在宅での処方プロセスを見える化する一助になれたのではないかと感じております。

また、つくばセントラル病院で経験した症例を、日本プライマリ・ケア連合学会誌の「ビジュアルでみるプライマリケア」に掲載してもらえたので、こちらも共有させてください。
よく見る異物誤飲ですが、比較的報告が少なかったので、書いてみました。

生石灰乾燥剤誤食による口腔粘膜化学損傷の1例

お時間がありましたら、是非ご覧いただけますと幸いです。

筑波大学附属病院 総合診療科/つくばセントラル病院 総合診療科 舛本祥一

Pagetop