「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

筑波大学附属病院総合診療科 ブログ

2016年6月10日(金)ワークショップ開催します。『ICT の活用でヘルスリテラシー格差は減らせるか?』

2016年4月7日テーマ:筑波総合診療グループ, ステーション, 地域医療教育学講座, 大学, 未来医療GP

ヘルスリテラシーにご興味る方、必見!

 

2016年6月10日(金)夕方より『ICT 活用ヘルスリテラシー格差減らせ?』をテーマに
第7回日本プライマリケア連合学会学術大会(東京浅草) プレコングレスワークショップを開催いたします。
ご興味、お早めに参加お申し込み下さい。

 

ワークショップ事前登録受付期間:2016年4月28日(木)まで

 

各ワークショップが定員になり次第、随時締め切らせていただきます予めご了承下さい。(すに満席WSが出ています)
なお、学術大会前日夕方になります、宿泊や交通確保などもお間違いないようお願い申し上げます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

 

—————————————————下記詳細情報—————————————————

 

第 7 回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(2016 年 6 月 11 日(土)~12 日(日))
浅草ビューホテル、台東区立浅草公会堂、台東区民会館、東京都立産業貿易センター台東館
【企画名】 情報通信技術ICT活用ヘルスリテラシー格差減らせ
【日時】 2016 年 6 月 10 日(金) 17:10~18:40
【会場】 第 12 会場 (台東区民会館 9 階 ホール(1) )

 

【企画責任者】 近藤尚己 (1)
【座長】阪本直人(1)
【演者】近藤尚己(2)、阪本直人(1)、佐々木由紀(2)
【コメンテーター】長谷田 真帆(2)
1:筑波大学 医学医療系 地域医療教育学 講師/総合診療グループ
2:東京大学 大学院医学系研究科 保健社会行動学分野

 

【定員】 72 名

 

【開催目的】【ねらい】
ヘルスリテラシー健康情報を収集・理解・活用ことによって生活質向上に向けた適切な意思決定が能力こと(世界保健機関定義)。
貧困など社会背景によ健康格差理由一つにヘルスリテラシー格差があことが知られてい
近年、インターネットやスマートフォンなどICT普及により、健康情報アクセスが格段に向上した。
ICTヘルスリテラシー改善へ貢献が期待され一方、玉石混交な健康情報
ヘルスリテラシー低い人々を翻弄してい現状が危惧されてい
国内外ICTを通じたヘルスリテラシー向上に向けた取り組み現状を紹介したち、参加者を交え議論したい。
概要:
①講演「ICT活用したヘルスリテラシー向上取り組み現状と課題」
②講演「そ健康格差対策へ応用に向けた理論と方法」
③取り組み事例紹介
④グループ討論
 

【プレコングレスワークショップ 18:抄録PDFこちら】

 

 

第7回学術大会ホームページにジャンプします

 

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療科

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして