「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

書籍・論文紹介

メンバーが執筆した論文、書籍、DVD等や、商業誌に掲載された総説・解説などを紹介します。
研究テーマや助成については、地域医療教育学「業績一覧」をご覧ください。

2020年

Skipping breakfast, poor sleep quality, and Internet usage and their relation with unhappiness in Japanese adolescents

Otsuka Y, Kaneita Y, Itani O , Jike M , Osaki Y , Higuchi S , Kanda H , Kinjo A , Kuwabara Y , Yoshimoto H.

PLOS ONE,2020.07

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0235252

外来診療レファランス 原著第2版

メディカル・サイエンス・インターナショナル

前野哲博教授が、日本語版監修をしています。

> この書籍を購入する

Doctors’ professional identity and socialisation from medical students to staff doctors in Japan: narrative analysis in qualitative research from a family physician perspective

Haruta J, Ozone S, Hamano J

BMJ Journals,2020,07

http://dx.doi.org/10.1136/bmjopen-2019-035300

 

週刊 医学のあゆみ 特集「アルコール医学・医療の最前線2020UPDATE

医歯薬出版 2020年7月

吉本尚医師、大脇 由紀子先生、川井田 恭子先生が 未成年者の飲酒問題-20歳未満の飲酒の弊害 について執筆しています。

> この書籍を購入する

COVID-19感染拡大による自粛下における臨床実習中の学生と医学部長とのオンラインミーティングの効果

木村 友和、鈴木 英雄、 讃岐 勝、 大川 敬子、 前野 貴美、高屋敷 明由美、 前野 哲博、 桝 正幸、 田中 誠

医学教育、51(3):219~221、2020.06

http://jsme.umin.ac.jp/journal/5103_mag.html

ビデオ会議システムを用いたSPコミュニケーション実習

小曽根 早知子, 佐藤 菊枝,  前野 貴美, 高屋敷 明由美,鈴木 將玄, 前野 哲博

医学教育,51(3):248-249,2020.06

http://jsme.umin.ac.jp/journal/5103_mag.html

筑波大学におけるオンラインテュートリアルの経験

木村 友和,鈴木 英雄,佐藤 尚江,土田 聡美,郷田 規久子,  讃岐 勝,大川 敬子,前野 貴美,高屋敷 明由美, 鈴木 將玄,前野 哲博,桝 正幸,田中 誠

医学教育,51(3):258-259,2020.06

http://jsme.umin.ac.jp/journal/5103_mag.html

COVID-19感染拡大による自粛下の筑波大学消化器内科におけるオンライン臨床実習の取り組み

鈴木 英雄,木村 友和,讃岐 勝,大川 敬子,前野 貴美, 堀内 明由美,前野 哲博,桝 正幸,田中 誠

医学教育,51(3):282-283,2020.06

http://jsme.umin.ac.jp/journal/5103_mag.html

 

COVID-19感染拡大による自粛下における地域医療実習に替わる健康の社会的決定要因に関するオンラインプログラムの試み

高屋敷 明由美,小曽根 早知子,前野 貴美,鈴木 將玄,前野 哲博

医学教育,51(3):284-285,284-285、2020.06

http://jsme.umin.ac.jp/journal/5103_mag.html

COVID-19パンデミック下の地域研修生の受け入れにおける省察:医学教育学の重要性

太田 龍一,勝部 琢治,松山 泰

医学教育,51(3):326-327,2020.06

http://jsme.umin.ac.jp/journal/5103_mag.html

医学教育学修士課程における多職種連携教育オンラインプログラムの実践報告―オンラインに適したインタラクションの工夫―

春田 淳志,川上 ちひろ,早川 佳穂

医学教育,51(3):344-347,2020.06

 

Measuring family caregivers’ experience of interprofessional care for patients and families: development of the Japanese version of the Caregivers’ Experience Instrument

Nakayama G, Masumoto S, Haruta J, Maeno T

Family Practice, 2020.3

doi:10.1093/fampra/cmaa05

 

Individual and regional determinants of long-term care expenditure in Japan: evidence from national long-term care claims

Jin X, Mori T,Sato M, Watanabe T,Noguchi H, Tamiya N

European Journal of Public Health, 2020.06

doi:10.1093/eurpub/ckaa065

Challenges of using ICT regarding acute conditions in rural home care: A thematic analysis

Ohta R, Ryu Y,Sato M,Maeno T

Journal of Interprofessional Education & Practice,2020.09

doi:10.1016/j.xjep.2020.100349

Physicians’ prediction for the assessment of atypical pathogens in respiratory tract infections

suzuki S, Ishimaru N, Akashi Y , Takeuchi Y, Ueda A, Ushiki A, Kinami S, Suzuki H, Tokuda Y, Maeno T

Journal of General and Family Medicine,2020.6

doi:10.1002/jgf2.350 

家族志向型ケア入門 家族をみよう

南山堂 2020年1月

中山元医師が、各論:ライフサイクルに応じた家族志向型ケア「認知症に向き合う家族」について執筆しています。

> この書籍を購入する

医療者と文化人類学者の協働の試み : 筑波での経験の報告

木村 周平, 春田 淳志, 照山 絢子, 後藤 亮平

歴史人類(48)、68(45)-48(65)、2020-03

doi:hdl.handle.net/2241/00159650

Frequency of discussing and documenting advance care planning in primary care: secondary analysis of a multicenter cross-sectional observational study

Hamano J, Oishi A, Morita T, Kizawa Y.

BMC palliative care 19(1) 32, 2020.3

doi:10.1186/s12904-020-00543-y

 

鳩の大量飼育によって感染したと考えられたオウム病の1例

小林 裕幸, 山口 裕之 光斎 久人

茨城厚生連病院学会雑誌 32 12-15, 2020.2

Usefulness of painDETECT and S-LANSS in identifying the neuropathic component of mixed pain among patients with tumor-related cancer pain.

Higashibata T, Tagami K, Miura T, Okizaki A, Watanabe YS, Matsumoto Y, Morita T, Kinoshita H.

Support Care Cancer Support 28(1)279-285.2020.1

doi:10.1007/s00520-019-04819-9

 

ここでご紹介したのは主なもののみです。地域医療教育学「業績一覧」をご覧ください。
論文等については地域医療教育学「研究実績」ページをご覧ください。

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療科

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして