「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

これが筑波流!後期研修

筑波総合診療グループ:一緒になりませんか?あなたのなりたい医師に。

つくば家庭医・病院総合医プログラムが大きく変わります! ~次世代の総合診療専門医を目指して~

診療活動

つくば家庭医・病院総合医プログラム(筑波大学附属病院 総合医コース)では、2004年から「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」を目指して多くの卒業生を送り出してきました。

専門医の質を高め、良質な医療が提供されることを目的として導入される新たな専門医制度では、総合診療専門医が基本領域の専門医として位置づけられています。つくば家庭医・病院総合医プログラムは、そのコンセプトをいち早く取り入れ、より高いレベルの総合診療専門医を育成することを目標として、2014年度から後期研修プログラムを大幅にバージョンアップします。

優れた総合診療専門医を養成する研修プログラムは、さまざまなシチュエーションが経験でき、幅広い領域をまんべんなく研修できるようにコーディネートされたものである必要があります。それも、ただ単にいろいろな場を経験するだけでは不十分であり、どこで研修していても、統一した理念の下できめ細かな指導が受けられる環境を実現したものでなくてはなりません。

つくば家庭医・病院総合医プログラムは、大学の後期研修プログラムでありながら、研修の80%以上を指導医が常駐する市中病院、診療所で行う体制をとっており、家庭医でも病院総合医でも、高いレベルの臨床能力を備えた総合診療専門医を養成します。
この後期研修スペシャルサイトでは、つくば家庭医・病院総合医プログラムの全容を詳しく紹介します。ぜひあなたも、本気で総合診療医をめざしませんか。

後期研修プログラムに込められた熱い思い

筑波家庭医・病院総合医プログラム

先輩からのメッセージ

研修後のキャリアパス

Q&A

いばらき・つくばの紹介

採用情報

研修施設

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療グループ

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして