「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

つくば家庭医・病院総合医プログラム

つくば家庭医・病院総合医プログラムは、シニア課程(卒後3,4年目)、チーフ課程(卒後5,6年目)から構成されており、専門医取得後のフェローシップも用意されています。
シニア課程はジェネラリストの基本を形作る共通コースです。チーフ課程はそれぞれの希望に合わせて選択する構成になっています。具体的には下記の家庭医コース、病院総合医コースを基本として、より多くの先生方のニーズに答えるために水戸協同病院重点 病院総合医コース、緩和ケア重点コース、ジェネラリスト転向コースを用意しています。

総合医コースの構成

※「つくば家庭医・病院総合医プログラム」の、筑波大学附属病院後期専門研修課程としての正式名称は「総合診療医コース」です。

研修ローテーションの概要

シニア課程

シニア課程は共通コースとして、大学病院(内科+総合診療科)、水戸協同病院総合診療科筑波メディカルセンター病院総合診療科、診療所で半年ずつ研修します。内科・救急診療能力を向上させ、各診療分野での知識・技能をintegrateするとともに、総合診療の専門的な視点についてしっかりとした基盤を作る研修を行います。また、この期間に、日本 内科学会認定内科医の資格を取得します。> 詳細はこちら
なお、水戸協同病院での研修にウエイトを置きたい人は、シニア課程の最初の1年間をすべて水戸協同病院で研修する水戸協同病院重点コースを選択することも可能です。
なお、ジェネラリスト転向コースは、これまでのキャリアを勘案しつつ、個別に研修計画を組みます。ある程度の臨床経験をもつ医師は、シニア2年からの編入になります。

チーフ課程

チーフ課程ではレジデントの希望に合わせて以下の5つのコースに分かれ、それぞれに重点を置いた研修をします。

家庭医コース

将来は地域の診療所や中小病院で小児から高齢者、外来から在宅まで幅広く対応するだけでなく、介護・福祉資源との連携、健康教育、学校保健、保健行政などの地域保健にも積極的に関わり地域で活躍できる総合診療専門医を目指します> 詳細はこちら

病院総合医コース

内科を中心とした幅広い知識と診断能力を修得し、将来は地域の基幹病院や中小病院で病棟、外来、救急と様々なフィールドで活躍できる総合診療専門医を目指します> 詳細はこちら

水戸協同病院重点 病院総合医コース

豊富な症例、充実した指導医群、そして内科診療は原則すべて総合診療科という我が国唯一の「総合内科Department of Medicine」体制を採用している水戸協同病院での研修を重点的に行いながら総合診療専門医を目指します。

水戸協同病院重点 病院総合医コース

緩和ケア重点コース

全国有数の緩和ケアの研修環境を持つメリットを最大限に活用して、緩和ケア研修を重点的に行いながら総合診療専門医を目指します。

緩和ケア重点コース

ジェネラリスト転向コース

すでに他科の専門研修を終えられている先生や、出産・育児休暇などで臨床にブランクのある先生が、これから家庭医療専門医(将来の総合診療専門医)の取得を目指すコースです。研修期間は3年とし、具体的な研修内容は個人の経験とニーズに合わせて組み立てていきます。

ジェネラリスト転向コース

ローテーションの詳細は「研修ローテーション」を参照してください。

修了条件

研修プログラムの修了条件は下記のようになっています。研修期間中にすべてのレジデントがこの条件をクリアできるように、研修のコーディネートを行います。

  • 定められた研修プログラムに沿って研修していること。
  • 研修目標について、一定以上のレベルに到達していること。
  • ポートフォリオの評価で一定以上のレベルに到達していること。
  • 学会発表または論文発表を2件以上行っていること。
  • 内科認定医を取得していること。
  • 全てのコースで日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医(新専門医制度スタート後は総合診療専門医)の受験要件を満たすこと。

研修ローテーション

評価とサポート

特長

目標

現役レジデントがつくばの研修を語る

座談会を記事にまとめました。総合診療、家庭医療を目指すきっかけについて語る「どうして総合診療なの?」。“つくば”を選んだ決め手について語る「つくばの研修の特徴は?」。どうぞご覧ください。

どうして総合診療なの?

つくばの研修の特徴は?

2020年度までのプログラムはこちらをご覧ください。

研修プログラム書

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療グループ

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして