「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

研修ローテーション

ここでは、各ブロックごとに研修施設や内容について詳しくご紹介します。
研修プログラム全体の構成はこちらを参照してください

共通コース
家庭医コース
病院総合医コース
Electives
フェローシップ

共通コース

内科研修

将来診療所で働くにせよ病院で働くにせよ、家庭医・病院総合医の仕事の中心となるのは内科の診療能力です。つくば家庭医・病院総合医プログラムでは、筑波大学内科コースと共通の研修システムで、内科の基本をきっちり修得します。

【主な研修施設】
筑波大学附属病院内科、水戸協同病院総合診療科
【重点的に学ぶこと】
初期研修で十分研修出来なかった内科領域
総合診療科研修

専門医としての家庭医・病院総合医になるためには、単なるローテーションの寄せ集めだけではなく、各診療分野での知識・技能をintegrateし、総合診療の専門的な視点について学ぶ研修が必須です。総合診療科研修では、バリエーションに富む多数の症例を経験できるとともに、総合診療の専門性についてじっくり掘り下げて学びます。
 特に力を入れているのは外来研修です。外来診療は入院診療と異なり、最初から病歴を聴いて自ら診断をつけなければなりませんし、入院適応のない疾患(例:安定している糖尿病や高血圧など)のマネジメントも必要です。また、外来では患者の日常生活の中での良好なアウトカムが求められるため、患者教育や行動変容を促すスキルも重要です。我々の外来研修では、このような能力を修得するために、指導医のスーパーバイズの下で、一例一例フィードバックを受けながら、体系的な外来トレーニングを行っています。
 また、年間4000台以上の救急車を受ける筑波メディカルセンターでは、内科系・外科系、1次~3次、小児・老人の区別なく全て同じチームで対応する北米型ERで、家庭医・病院総合医に必要な急性期ケアを効率よく研修できます。

総合診療科研修

【主な研修施設】
筑波大学附属病院総合診療科筑波メディカルセンター病院総合診療科水戸協同病院総合診療科
【重点的に学ぶこと】
総合外来、病棟研修、北米型ERでの幅広い急性期ケア、皮膚科外来、超音波研修

家庭医コース

診療所研修

家庭医として、これまでの研修で身につけた幅広い診療能力を最大限に発揮する研修を、1年間継続して、診療所の指導医からフィードバックを得ながら実践します。研修する診療所は、十分な指導体制が確保されているいばらき地域医療研修ステーションに指定されている施設で行います。

診療所研修

【主な研修施設】
いばらき地域医療研修ステーション(大和クリニック大森医院利根町診療所
【重点的に学ぶこと】
在宅ケア、在宅緩和ケアを通して地域に密着した継続的・包括的ケア
診療所での内科・小児・整形・産婦人科・老年医学領域の外来マネジメント
他職種と連携した保健・医療・福祉活動
小児科研修

家庭医にとって、年齢に関わらず幅広く対応できる能力を修得することは非常に大切です。特に地域医療の現場では、家庭医が小児診療の中心的な役割を担うセッティングも多いため、救急を含むcommon problemを中心とした研修を行っています。

【主な研修施設】
石岡第一病院小児科、筑波メディカルセンター病院小児科
【重点的に学ぶこと】
救急を含む小児のCommon disease/problem
緩和ケア研修

国民の3人に1人ががんで亡くなる現状において、家庭医が在宅を含む適切な緩和ケアを提供していくことはきわめて重要です。また緩和ケアは、患者・家族との信頼関係の構築、身体的問題のみならず心理社会的背景を含む多様な問題についての対応など、家庭医としてのスキルを生かすことのできる領域でもあります。家庭医コースでは、全国有数の緩和ケアの研修環境を持つメリットを生かして、緩和ケアを必修のプログラムとして位置づけています。

【主な研修施設】
筑波メディカルセンター病院緩和医療科つくばセントラル病院緩和ケア科
【重点的に学ぶこと】
がん疼痛や他の症状マネジメント、コミュニケーションなど
整形外科研修

家庭医の外来診療では、整形外科領域の疾患はとても多いです。Commonな運動器疾患や外傷の診察法と診断を理解し、治療については関節注射手技の習得と、リハビリテーション処方や装具処方を含めた外来でのマネジメントができるように研修します。

【主な研修施設】
つくばセントラル病院
【重点的に学ぶこと】
Commonな運動器疾患や外傷の診察と診断、外来マネジメント
産婦人科研修

家庭医として、産科・婦人科領域を日常診療に取り入れて、外来診療の中で対応できるように研修します。外来での婦人科診療、妊婦健診や分娩の管理の研修をします。

【主な研修施設】
つくばセントラル病院
【重点的に学ぶこと】
外来での婦人科診察とcommon diseaseのマネジメント
外来での妊婦健診や妊産婦のカウンセリング

病院総合医コース

病院総合診療研修

病院総合医は、ホスピタリストとして、内科を中心とした救急・病棟・外来と幅広い領域において中心的な役割を担う医師です。病院総合診療研修では、共通コースで培ったジェネラリストとしての基礎的な能力に加えて、1年間かけて病院総合診療についてさらに掘り下げた研修を行い、ホスピタリストとしての専門的な能力を修得します。水戸協同病院は、エキサイティングな地域医療の最前線で、「豊富な症例数+充実した指導医群+内科入院診療は原則全て総合診療科」という我が国唯一の「Department of Medicine」体制を採用しています。1年間で入院内科症例約400例、内科外来約500例、内科救急約600例を経験できます。また、短期外国人講師も多数招聘し、定期的なレクチャーも充実しています。

【主な研修施設】
水戸協同病院総合診療科筑波メディカルセンター病院総合診療科
【重点的に学ぶこと】
ホスピタリストに必要な救急、病棟、外来で必要な知識、技術

Electives

家庭医コース、病院総合医コース共に、後期研修修了後に半年~1年間選択できます。病院総合医コースでは後期研修の期間中にも9ヶ月選択できます。コーディネーターと協議のうえ希望を調整し、先方の受け入れがOKであれば、筑波大学関連施設だけではなく全国どこでも研修できるのが大きな特徴で、これまでの研修で不十分だった領域、自分の興味ある領域、将来のキャリアに向けて必要とされる領域などについて研修できる貴重な機会になっています。

過去のElectives研修実績
内科 筑波大学附属病院:呼吸器内科、内分泌代謝・糖尿病内科・腎臓内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、膠原病リウマチアレルギー内科、 河北総合病院ひたちなか総合病院日立総合病院王子生協病院
小児科 千葉西総合病院茨城西南医療センター病院日立総合病院石岡第一病院
整形外科 西伊豆病院筑波メディカルセンター病院茨城西南医療センター
皮膚科 星野皮フ科・アレルギー科クリニック
創傷治療 石岡第一病院
産婦人科 日立総合病院
緩和医療 国立がん研究センター東病院、オーストラリア
救急 日本医科大学千葉北総病院
精神科 土浦メンタルクリニック
総合診療・家庭医療 川崎医科大学附属病院国立病院機構東京医療センター亀田メディカルセンター
リハビリテーション 茨城県立医療大学付属病院
感染症科 筑波大学附属病院手稲渓仁会病院

フェローシップ

いずれのコースでも、コース修了後に1~2年間のフェローシッププログラムに入ることができます。それぞれの領域の優れた指導医のもとで集中的に学ぶことで、専門領域を深めるためのプログラムです。フェローシップ修了後は、その領域の指導医となることが期待されます。
フェローシッププログラムについては、こちらをご覧ください。

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療グループ

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして