「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

目標

つくば家庭医・病院総合医プログラムでは、後期研修期間の研修目標として、以下の9領域に分けて修得すべき能力(コンピテンシー)を設定しています。すべてのレジデントがこれらの能力(コンピテンシー)を修得できるよう、大学・関連施設を挙げて取り組んでいます。
各項目の詳細については、こちらを参照してください。

カテゴリー別の修得すべき能力

1. 行動科学的アプローチ
1-1 コミュニケーションスキル
1-2 心理社会的アプローチ
1-3 家族志向のケア
1-4 行動変容支援
2. 問題解決のスキル
2-1 患者中心の医療の方法
2-2 EBM(Evidence-Based Medicine)と臨床決断
2-3 臨床倫理
3. 医学的ケア
3-1 common problemsのマネジメント
3-2 ライフサイクルやジェンダーに配慮したケア
3-3 救急医療
3-4 緩和ケアと終末期のケア
3-5 リハビリテーション
4. ヘルスプロモーション
5. 地域志向型ケア
5-1 地域における包括的なケア
5-2 地域社会を意識したケア
6. プロフェッショナリズム
6-1 プロフェッショナリズム
6-2 成長・生涯学習
6-3 セルフマネージメント
7. 研究
8. 教育
9. 組織をマネジメントする力
9-1 チームマネジメント
9-2 他職種協働
9-3 組織の管理
〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療グループ

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして