「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

筑波メディカルセンター病院 総合診療科

http://www.tmch.or.jp/hosp/

筑波メディカルセンター病院

プログラムにおける位置づけ

つくば家庭医・病院総合医プログラムのコアとなる施設のひとつで、家庭医コース、病院総合医コース共通の総合診療科研修としてローテートします。茨城県内でも屈指のactivityを誇るER型救命救急センターでの診療や、病棟診療、外来診療をバランスよく経験することで、家庭医・病院総合医いずれにも必須となる急性期の医療を学びます。

立地条件と施設概要

つくば市の中心部にあり、筑波大学附属病院の斜向かいに位置している。

具体的な研修内容

病棟診療は、上級医・後期研修医・初期研修医でチームを組んで、一つ一つのプロブレムに対してしっかりとアセスメントをし、多職種と連携を密に取りながら入院から退院までスムーズなマネジメントを行います。
外来診療では初診外来を中心に担当しますが、その日の夕方に必ず症例検討会を行い、疑問点は残さず、診療の質を保つように努力しています。
救急外来では、Walk-In患者の診療から始め、年齢・性別・内科/外科の区別を問わず多数搬送される救急車の対応まで、段階的に経験していきます。そのために必要な外傷診療のレクチャーなども適宜行っています。

患者層の特徴

つくば市内中心部には研究所なども多いため住民の年齢層は若く、高校生から超高齢者までまんべんない年齢層の患者を診療することになります。また留学生などの外国人患者も比較的多くみられます。

指導医

鈴木 將玄(科長)
(指導責任者)
認定プライマリ・ケア医、JPCA指導医、総合内科専門医、内科指導医
廣瀬 由美(科長) 家庭医療専門医、認定内科医
五十嵐 淳 家庭医療専門医、認定内科医
林 幹雄 家庭医療専門医・指導医、認定内科医、総合内科専門医、内科指導医

JPCA:日本プライマリ・ケア連合学会

その他、院内各科の専門医がコンサルタントとして協力してくれます。

研修期間中に経験できる症例と経験しにくい症例

入院症例は8割以上が緊急入院。基本的に感染症が多く、その他は“原因不明の○○(意識障害、電解質異常など)”といった精査入院が多い。
当院にはactivityの高い循環器内科と呼吸器内科があるため、心筋梗塞や心不全などの循環器系の疾患、肺炎を除く呼吸器疾患、肺癌などの症例を担当することは少ない。また神経疾患、血液疾患、膠原病など専門性の高い疾患は、診断がついたら専門医へ紹介することが多い。

施設で行われている教育イベント

毎日の外来症例検討会、定例の診療科内の勉強会、院内の研修医向け勉強会、院内有志の自主的な勉強会、つくば総合診療グループとしての勉強会(当院が会場になることが多い)など多数。

身分と給与目安

勤務形態 常勤 社会保険等 完備
給与 手取り50~60万円
(当直料・時間外手当含む)
※当院にローテートすることの多い
後期研修2年目の場合

参考:当院が募集する後期研修医の待遇

研修したレジデントからのメッセージ

総合診療科研修の中で一番体力と知力を使い、その分一番疲労するが一番自分の力を育てることが出来る施設です。救急診療(外傷含む)、一般外来、入院診療の中で、様々な疾患を多岐に渡り鑑別・治療し、多職種と密に連携を取って加療する、まさに総合診療科としての能力を強く求められる環境であり、またそれを伸ばすことが出来たと思っております。
(2009年度修了 廣瀬知人)

指導医からのメッセージ

ヒマではありません。楽でもありません。ストレスも多かれ少なかれあると思います。でも当院での経験は、必ず将来の診療現場での自信になるはずです。さまざまなニーズに柔軟に対応できる医師を育てたいと思っています。一緒に頑張りましょう!
(指導責任者 鈴木將玄)

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療グループ

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして