「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

大森医院

大森医院

プログラムにおける位置づけ

家庭医コースの診療所研修において、幅広い知識とスキルが要求される家庭医療を学びます。

立地条件と施設概要

茨城県北の山間部にある有床診療所。診療所裏にレジデント宿舎あり

院内設備

レントゲン、超音波(腹部、心臓)、CT、上部消化管内視鏡、顕微鏡、血液検査

院内設備

特別養護老人ホーム、グループホーム

具体的な研修内容

  • 外来診療、訪問診療、巡回診療、地域での健康教室

患者層の特徴

  • 高齢者が中心

指導医

大森 英俊(院長)
(指導責任者)
 
栗原 宏(病院講師) 家庭医療専門医、JPCA認定指導医、認定内科医

JPCA:日本プライマリ・ケア連合学会

研修期間中に経験できる症例と経験しにくい症例

経験できる症例
外来
内科(慢性疾患) 糖尿病、高血圧、脂質代謝異常、COPD、喘息、関節リウマチ
内科(common) 上気道炎、肺炎、胃腸炎、花粉症
皮膚科 白癬、湿疹、接触性皮膚炎、乾燥性皮膚炎
外科領域 外傷、陥入爪、アテローマ、腰痛
小児領域 上気道炎、肺炎、中耳炎、喘息、予防接種
外来受診患者 午前中40~50人
経験できる症例
救急
  • CPA、脳梗塞、クモ膜下出血、心不全
  • 今のところ、研修に来た3人とも当院に救急搬送されたCPAへの対応を1例ずつ経験しています。(1例は蘇生に成功)
経験できる症例
入院
  • 脳梗塞後後遺症 10例
  • 急性胆嚢炎 1例
  • 肝硬変1例
  • 肺炎 2例
  • 蘇生後脳症2例
経験できる症例
老年医学領域
  • 癌・非癌患者の緩和ケア、在宅医療、転倒、嚥下障害、老年期うつ、認知症、脳卒中・大腿骨頚部骨折のリハビリ、施設入所者のケア
経験しにくい症例 特になし(小児人口は少ないですが、小児の受診は決して少なくありません)

施設で行われている教育イベント

  • 職員向け勉強会

身分と給与目安

勤務形態 常勤 レジデント宿舎は新しいログハウスです!
宿舎
※家具完備、無線LAN環境完備
社会保険
住居手当

地域での活動

  • 近隣の小中学校に出向いての健康教育(喫煙予防&肥満予防)
  • 高校職員への健康教育(メンタルヘルス)
  • 近隣住民向け健康教室

指導医からのメッセージ

茨城県北の山間にある診療所です。のどかな自然と温かい人々に囲まれて、充実した地域医療を経験することができると思います。
診療所での研修に漠然とした不安がある人もいるかと思いますが、指導医に何でも相談して下さい。
指導医:栗原宏

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療グループ

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして