「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

石岡第一病院 小児科

https://www.jadecom.or.jp/jadecomhp/ishioka/html/

立地条件と施設概要

病院名 公益社団法人 地域医療振興協会 石岡第一病院
所在地 〒315-0023
茨城県石岡市東府中1番7号
施設概要 診療科目:内科・小児科・整形外科など
許可病床数:126床

JR常磐線<特急ときわ>で上野から54分 石岡駅よりタクシーで10分
常磐自動車道、石岡小美玉スマートIC下車5分、又は、千代田石岡 IC下車15分
人口13万人の医療圏内にある中核病院のひとつである。
筑波山ろくを望む地域で、平成22年3月に茨城空港が開港し、当圏域を包囲するように水戸市、つくば市の都市が存在する環境にあり、国道と高速道路などの交通ネットワークも整備されている。

具体的な研修内容

小児科外来、小児入院患者の取り扱い、小児の予防接種、乳児健診
夜間救急など

患者層の特徴

基礎疾患のない乳幼児が中心
平成30年度年間小児科外来患者数;29829人(1日平均101人)
平成30年度年間小児科入院患者数;142人
平成30年度年間小児科予防接種数;3524人
平成30年度年間小児科乳児健診数;261人

指導医

松本由美(指導責任者・小児科部長)
中井明子(指導医)
村上浩史(指導医)

研修したレジデントからのメッセージ

石岡第一病院小児科では、外来および病棟診療を通して、小児領域の「common disease」 にどっぷりつかる研修を送ることができます。外来は基本単独での診察ですが、必要なときにはいつでも経験豊富な指導医に相談ができ、安心して研修できる環境です。また、ワクチン接種や乳幼児健診などの経験も十分積むことができます。
日々沢山の子供たちに関わるなかで、成人とはまた違う診療のマネジメントや感覚を磨くことができ、小児の診療にも自信をもてるようになりました。また、地域に密着した病院であり、「家族」の視点が非常に重要になる場面も多く、家庭医としての知識・スキルを学び発揮する場としても非常に有意義と思います。地域の子供たちを支える力をつけたい方、是非石岡第一病院で小児科研修をしてみてください!(高橋弘樹)

指導医からのメッセージ

総合診療医、家庭医となった場合、必然的に子供の診療や、子供の相談を受けなければならないなどの状況は、起こりうるでしょう。特に茨城県は日本で一番小児科医師の少ない県なので、そのようなことを実感しています。基本3か月程度の小児科研修となりますが、その中で、どっぷり小児に浸かり、小児科診療の基本に触れ、実際の子供たちをたくさん診療し、小児科診療の技術などに触れることは大変意義のあることだと考えています。30数年小児科医師として診療を続けてきた私が、経験で得たものを、研修に来た人たちに直接伝えたいです。
指導責任者:松本 由美

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療科

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして