「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

総合診療医フェロープログラム・大学院プログラム

総合診療専門医取得後、さらに専門的なスキルを修得し、将来の地域医療を担うリーダーを養成するプログラムです。

フェロープログラムでは総合診療専門医に加えて、一つの領域をさらに掘り下げて学びます。 大学院プログラムでは、地域の現場からの疑問を科学的方法で明らかにし、エビデンスとして発信できるPhysician Scientistを育成します。また、総合診療医と両輪を成し、リーダーシップを発揮できる地域基盤型高度実践看護師を養成するプログラムを設置します。

フェロープログラム

緩和医療 緩和医療専門医を取得し、質の高い緩和ケア(在宅含む)が提供できる。
在宅医療 在宅医療専門医を取得し、看取りを含む高度な住宅医療が提供できる。
プログラム責任者養成 プログラム責任者として自ら研修プログラムを立ち上げ、運営できる。
多職種連携教育 多職種連携の理論的背景を理解した上で、その教育を計画・実施できる。
ヘルスプロモーション 健康増進・疾病予防に関する教育を自ら企画・実施でき、
人材養成ができる。
スポーツ医学 救急、病棟、外来と幅広い領域において中心的な役割を担える能力を
修得できる。詳しくはこちら
病院総合医 医療やスポーツの現場で、メディカルサポートを実践できる診療能力を 修得する。

大学院プログラム

地域医療教育学研究 地域における疑問を、科学的方法で明らかにし、
evidenceとして発信できる。
地域基盤型高度実践看護 地域医療に有益な変化をもたらすケアプログラムを
自らデザインし実践できる。

取得可能な資格

大学院(地域医療教育学分野)

キャリアサポート

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療グループ

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして