「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

スタッフ紹介

筑波大学附属病院

資格カテゴリ

a 日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医
b 日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医
c 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
d 日本内科学会認定内科医
e 日本内科学会認定総合内科専門医
f 日本内科学会認定内科指導医
g 博士(医学)または医学博士

写真

前野 哲博【教授】総合診療グループ長、総合臨床教育センター部長
卒業年・大学 1991年 筑波大学
資格等

a b cde f g
日本プライマリ・ケア連合学会 副理事長
日本医学教育学会 評議員
日本医学教育学会認定医学教育専門家
日本医学教育振興財団 理事
日本専門医機構 総合診療専門医に関する委員会 委員
全国地域医療教育協議会 世話人
岐阜大学医学教育開発研究センター客員教授
非常勤講師(鹿児島大学、高知大学、弘前大学)

ひとこと

仕事は忙しいですが、たくさんの個性あふれる人たちと一緒に、楽しく仕事をさせて頂いています。
総合診療科は歴史も浅く、認知度もまだまだですが、我々が目標とする総合診療のモデルである「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして、診療、教育、研究に取り組んでいきたいと思っています。

写真

前野 貴美【講師】医学群医学教育企画評価室
卒業年・大学 1992年 筑波大学
資格等

a bcd e f
日本医師会認定産業医
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員
日本保健医療福祉連携教育学会 国際委員会委員
日本医学教育学会 地域医療・多職種連携教育委員会委員

ひとこと

出産・育児のため、外来診療・臨床研究を中心に、「今の自分にできること」を探して取り組んできました。
周囲の皆様の温かいサポートに励まされ、仕事を続けることができています。女性には様々な事情でペースを落とさざるをえない時期もあると思いますが、制限がある中でも自分が続けられる道を模索し、将来につなげることができたらと思います。

写真

高屋敷 明由美【講師】医学群医学教育企画評価室
卒業年・大学 1995年 筑波大学
資格等

abcg
日本医学教育学会認定医学教育専門家
日本医師会認定産業医
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員

ひとこと

一人一人との出会いを大切に、そして出会った人を大切にしてきたいと思っています。
そのために必要な、自分の中の心のゆとりをどう保っていくかが、今の私の課題です。地域医療、医学教育に関心のある方達とのつながりが、総合診療科の仲間の輪がこれからも温かなものでありますように!

写真

横谷 省治【講師】北茨城地域医療教育ステーション(北茨城市民病院附属家庭医療センター)担当
卒業年・大学 1993年 筑波大学
資格等

a c d e f
日本プライマリ・ケア連合学会 理事
同 後期研修プログラム運営・FD委員会委員長
同 規約制度・用語委員会副委員長
同 専攻医部会担当
同 関東甲信越ブロック支部 監事

ひとこと

たくさんのスタッフ・レジデントとともに、診療も卒前・卒後教育も楽しくやっています。やっぱり家庭医療、地域医療はやり甲斐があります!研究にも力を入れていきます。
2012年度からは、北茨城市の地域医療再生に貢献できるよう、家庭医療を活かした取り組みをしていきます。

写真

阪本 直人【講師】地域医療教育学
卒業年・大学 2001年 愛知医科大学
資格等

b c d f
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員、ICT委員会委員
日本ヘルスプロモーション学会 常任理事・評議員

ひとこと

総合診療(家庭医療)のフィロソフィーの伝承を心がけたレジデント指導を行っております。
サブスペシャリティーは、ヘルスプロモーションです。
1.地域の最前列で、質の高い医療サービスの継続的な提供
・自己の生涯教育のための手法
・ICT(情報通信技術)も活用した、チーム医療
2.地域ヘルスプロモーション
地域での健康教育や住民のヘルスリテラシーの向上への取り組み
【地域医療教育学】の自己紹介ページもあわせてご覧ください。
ご興味のある学生(大学院生)、医療者は、お気軽にお越しください。

写真

浜野 淳【講師】医療連携患者相談センター センター部長、緩和ケアチーム
卒業年・大学 2002年 筑波大学
資格等

bcdg
日本在宅医学会認定 在宅医療専門医・指導医
日本医師会認定産業医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本プライマリケア連合学会 代議員
日本在宅医学会 専門医制度委員会 委員

ひとこと

総合医コースは家庭医・総合医として患者さんだけでなく、家族、地域と関わりたい方には最適の後期研修だと思います。
興味のある方は気軽に見学に来て下さい。お待ちしています!!

写真

長岡 広香【病院講師】緩和ケアチーム
卒業年・大学 1994年 筑波大学
資格等

df
日本緩和医療学会暫定指導医

ひとこと

内科医として、緩和ケア領域を専門に、教育・診療を行っております。また大学の緩和ケアチームの専従医師として、他職種と連携を持ちながら活動しております。大学、一般病院、在宅とバランスよくがん治療や療養を受けられるよう、つくばが良いモデルになればと思います。

写真

荒牧 まいえ【助教】大和地域医療教育ステーション(大和クリニック)
卒業年・大学 1999年 筑波大学
資格等

a c d e
Master of Clinical Tropical Medicine

ひとこと

飽きることのない在宅医療の現場を、是非見に来てください。

写真

春田淳志【病院講師】筑波大学附属病院/笠間地域医療教育ステーション(笠間市立病院)担当
卒業年・大学 2004年 旭川医科大学
資格等

abcdg
医学教育学会認定医学教育専門家
日本医学教育学会 地域医療・多職種連携教育委員会委員
日本医学教育学会 医学教育専門家制度委員会 ワーキンググループ
保健医療福祉連携学会 IPE推進委員会委員
日本プライマリ・ケア連合学会 専門医認定委員会委員
東京大学医学教育国際研究センター 客員研究員
京都大学医学教育推進センター 客員研究員

ひとこと

総合診療・家庭医療・緩和医療を臨床のバックグラウンドとして持ち、医療者教育・専門職連携教育を博士課程で学び、臨床・教育・研究に携わってきました。総合診療、医学教育、多職種連携など現場での実践的関心とアカデミズムをつなげる活動をしていきたいと思っています。

写真

小曽根 早知子【講師】利根地域医療教育ステーション(利根町診療所)担当
卒業年・大学 2004年 筑波大学
資格等

b c d f g

ひとこと

地域診療所、一般病院、大学病院など様々なセッティングで診療しますが、どの経験も相互に役立ちますし飽きません。さらに教育、研究、それに育児に力を入れられて、これらが全て臨床に役立つことを実感しています。

写真

吉本 尚【講師】文科省未来医療GP「次世代の地域医療を担うリーダーの養成」事業コーディネーター
卒業年・大学 2004年 筑波大学
資格等

ab c
日本医師会認定産業医
日本プライマリ・ケア連合学会 理事
同 医学生若手医師支援委員会 委員長
同 学術大会の在り方検討会 副委員長
同 支部支援委員会 委員
同 国際関係委員会 協力委員
同 アルコールワーキンググループ 代表
日本アルコール関連問題学会 評議員
アルコール健康障害対策基本法推進ネット 幹事

ひとこと

2014年7月、10年ぶりに母校に帰ってきました。これまで「1人1人の患者さん・住民の方々の生活をサポートする」ことから、「市町村計画、法律の制定・推進」に関わることまで、日本の総合診療に関わる医師の在り方を少しでも提案できるよう、活動してきました。
これらの経験を、将来の地域医療を担う後進の育成に生かしていければと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

写真

栗原 陽子【病院講師】感染症科
卒業年・大学 2000年 筑波大学
資格等

bcefg

ひとこと

自分のペースでやっていけるところが良いです。

写真

山本 由布【病院講師】笠間地域医療教育ステーション(笠間市立病院)担当
卒業年・大学 2008年 福井大学
資格等

abcd
日本在宅医学会認定専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員

ひとこと

新病院への移転を来年度に控え、徐々に院内が慌ただしくなってきました。レジデントの受け入れも2年目を迎え、常に新しい風が吹いているようです。季節ごとに表情を変える街を見ながら、地域の中でたくさんの人に支えられながら働いています。

写真

片岡 義裕【医学医療系 助教】文部科学省 委託研究事業 / 里見地域医療研修ステーション(大森医院)
卒業年・大学 2010年 筑波大学
資格等

abc g

ひとこと

地域枠制度に関する研究事業とともに,大森医院での実習や研修指導も行っています.

写真

細井 崇弘【医学医療系 医療教育学分野 助教】神栖地域医療教育センター
卒業年・大学 2010年 秋田大学
資格等

bcd
日本在宅医学会認定在宅医専門医

ひとこと

日本の二次医療圏のなかでも最も医師数の少ない、医療過疎地で働いています。総合診療医の「総合する力」を最大限に使い、日々奮闘しています。特に在宅医療の普及等の活動もしています。

写真

後藤 亮平【研究員】筑波大学 医学医療系
卒業年・大学 2009年 星城大学リハビリテーション学部
2017年 筑波大学大学院
資格等

g
理学療法士
博士(ヒューマン・ケア科学)

ひとこと

限られた医療資源の中で、いかに専門職が連携して協働すべきなのかについて研究しています。
理学療法士として、リハビリテーションという視点を他職種に共有していけるようなプログラムを考えていきたいです。

筑波大学附属病院 水戸地域医療教育センター

資格カテゴリ

a 日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医
b 日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医
c 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
d 日本内科学会認定内科医
e 日本内科学会認定総合内科専門医
f 日本内科学会認定内科指導医
g 博士(医学)または医学博士

写真

小林 裕幸【教授】筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 水戸協同病院総合診療科
卒業年・大学 1990年 防衛医大
資格等

adef
米国家庭医療学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター

ひとこと

総合診療科として、すべての内科のスタッフと垣根なく患者さんを統合的に見るユニークな体勢で診療しています。興味のある方は、是非ご見学にお越しください。

写真

木下 賢輔【講師】総合診療科
卒業年・大学 2004年 筑波大学
資格等

bde

ひとこと

研修医の元気な病院は患者さんにとっても良い病院だと信じて、良い医療を提供できる病院の一助たる様、日々頭を使ってます。

筑波メディカルセンター病院

資格カテゴリ

a 日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医
b 日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医
c 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
d 日本内科学会認定内科医
e 日本内科学会認定総合内科専門医
f 日本内科学会認定内科指導医
g 博士(医学)または医学博士

写真

鈴木 將玄【診療科長】筑波メディカルセンター病院 臨床研修科
卒業年・大学 1994年 筑波大学
資格等

acdefg
日本プライマリ・ケア連合学会代議員
死体解剖資格
介護支援専門員

ひとこと

どこで研修するにしても、何を吸収できるかはアナタ次第です。ただ、良い漁場がなければ大漁は望めません。
我々が活動しているフィールド(漁場)がどんなに良いところなのかを見て判断して下さい。
打てば響くような人を待っています。

写真

廣瀬 知人【診療科長】筑波メディカルセンター病院 総合診療科
卒業年・大学 2004年 日本医科大学
資格等

b d
TNT、BLS、ACLS、ACLS-EP、PALS、JATEC

ひとこと

家庭医であった祖父にあこがれ、この道を目指しました。
総合診療科とは内科を中心とした base のスキルあってこそ、だと思っております。そのスキルを基として、患者家族とWIN-WINの関係を築いた診療を行っていくことが、医師として重要なこと と思っています。そのために日々精進し、また学んだ事を後輩へ引き継いでいければと思っています。

写真

廣瀬 由美【医長】筑波メディカルセンター病院 総合診療科
卒業年・大学 2003年 筑波大学
資格等

abcd

ひとこと

一次予防・高齢者医療に興味があり、楽しくやっています。

写真

五十嵐 淳【医長】筑波メディカルセンター病院 総合診療科
卒業年・大学 2004年 筑波大学
資格等

b d
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員

ひとこと

希望に応じて様々な研修ができることが大きな魅力の科です。成長しながら得たものを少しでも地域に還元していければと思っております。

写真

久永 貴之【科長】筑波メディカルセンター病院 緩和医療科
卒業年・大学 2000年 筑波大学
資格等

bd
日本緩和医療学会緩和医療専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

ひとこと

緩和医療に於いては全人的アプローチと内科的管理が非常に重要であり、その面で総合診療とは非常に親和性の高い学問です。加えて、症状緩和に関する専門的知識や在宅医療、腫瘍学、精神腫瘍学など、幅広い能力が求められます。
人生の終末期に真摯に関わる仕事は人として学ばされることも数多く非常にやりがいがあります。ローテーションの際にその魅力にとりつかれる人もこれまでに多数おりました。筑波に来て総合診療とともに緩和医療を、是非一緒に勉強しましょう。

写真

東端 孝博【医師】筑波メディカルセンター病院 緩和医療科
卒業年・大学 2008年 金沢大学
資格等

d

ひとこと

研修医時代に総合診療と緩和医療に触れ、大学院では疫学の基礎を学びました。予防、診療、看取りが出来る医師を目指しています。

写真

鈴木 広道【科長】筑波メディカルセンター病院 感染症内科・臨床検査医学科
卒業年・大学 2003年 浜松医科大学
資格等

defg
日本感染症学会感染症専門医
ICD制度協議会 ICD(感染制御医師)
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医
日本病態栄養学会認定病態栄養専門医
日本老年医学会認定老年病専門医
米国暫定医師資格(ECFMG certificate)

ひとこと

写真

明石 祐作【医師】筑波メディカルセンター病院 感染症内科・臨床検査医学科 
卒業年・大学 2009年 宮崎大学
資格等

d
日本救急医学会救急科専門医
国際渡航医学会 Certificate in Travel Health

ひとこと

今年から筑波メディカルセンター病院で感染症内科に携わらせていただくことになりました。地域の皆様に必要とされる診療科になればと思っています。

写真

有田 圭介【医師】筑波メディカルセンター在宅ケア事業/埼玉協同病院
卒業年・大学 1998年 鹿児島大学
資格等

a、bcde
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医
日本医師会認定産業医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員

ひとこと

家庭医療・緩和医療・消化器の各分野を組み合わせて、「頼りになる一次診療」「安心できる在宅医療」の実践・普及を目指していきます。

関連施設

資格カテゴリ

a 日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医
b 日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医
c 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
d 日本内科学会認定内科医
e 日本内科学会認定総合内科専門医
f 日本内科学会認定内科指導医
g 博士(医学)または医学博士

写真

栗原 宏【院長】ひたち太田家庭医療診療所
卒業年・大学 2000年 筑波大学医学専門学群
資格等

b c e g

ひとこと

茨城県北部の常陸太田市で診療所を開設しました。

写真

宮澤 麻子【副院長】ひたち太田家庭医療診療所
卒業年・大学 2005年 岡山大学
資格等

abcd

ひとこと

ここのところグループ関連の家庭医療クリニックの立ち上げにご縁があるようです(2年ぶり2回目)。新しい土地で地域の医療・介護・福祉スタッフと新たな関係性を築き在宅を含めた家庭医らしい医療を展開していくことは、大変でもありますがやりがいもあります。こういうことがしたくて茨城に来たのだなと実感しています。

写真

木村 洋輔【院長・臨床講師】恒貴会 大和クリニック
卒業年・大学 2005年 宮崎大学
資格等

abcde
日本在宅医学会認定 在宅医療専門医・指導医
日本医師会認定産業医
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員

ひとこと

つくば総診の様々な研修施設では、病院総合医や地域の家庭医としていろいろな経験を積むことができました。つくば総合診療グループでは、さまざまな大学の出身者が在籍しており、楽しく活動できました。
2011年に後期研修を修了し、現在は大和クリニックで在宅医療を中心に小児から高齢者まで幅広く診療をしています。
家庭医療専門医、在宅医療専門医の研修施設ですので、興味がある方はお声かけください。ぜひ一緒に学び、みなで成長していければと思っています。

写真

五十野 桃子【医師】恒貴会 大和クリニック
卒業年・大学 2009年 筑波大学
資格等

d

ひとこと

総合診療医として、自分の診療に幅と深みを出すにはどうしたらいいかを考えながら進み続けたいと思っています。

写真

三浦 由希子【内科医師】笠間市立病院
卒業年・大学 2002年 金沢大学
資格等

de

ひとこと

総合診療、家庭医療に興味をもち、茨城県へ引っ越してきました。患者様とご家族に寄り添えるような医療を提供できるよう精進してまいります。

写真

荻野 利紗【内科医師】笠間市立病院
卒業年・大学 2011年 金沢医科大学
資格等

d

ひとこと

地域医療に貢献できる医師を目指し、総合診療科で研修を行っています。患者さんを総合的に看れるよう頑張ります。

写真

端山 幹大【総合診療科医長 兼 内科科長】国立病院機構 霞ヶ浦医療センター 内科科長 総合診療科医長
卒業年・大学 2005年 金沢大学
資格等

abcd
日本プライマリケア連合学会 代議員
土浦市在宅医療・介護連携推進協会実務者会議委員

ひとこと

地域住民がhappyに暮らせるよう、ヘルスプロモーションや初診・救急外来などを中心に診療を行っています。

写真

野田 章子【総合診療科医師】国立病院機構 霞ヶ浦医療センター
卒業年・大学 2005年 筑波大学
資格等

abcd

ひとこと

「人を診る」ということのむずかしさを日々実感しています。自分がたくさんの人に支えてもらって診療しているように、自分も誰かを支える人間になれたらなあと思っています。

写真

伊藤 慎【総合診療科医師】国立病院機構 霞ヶ浦医療センター
卒業年・大学 2008年 筑波大学
資格等

abdf g
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員
日本静脈経腸栄養学会 TNTコース修了
日本アロマ環境協会 アロマテラピーインストラクター

ひとこと

地域、コミュニティをベースにして、多くの人の役に立てる医師になりたいと思い、総合診療グループで診療させて頂いております。常に基本に忠実に丁寧に、研鑽を積んでゆきたいと思います。

写真

高木 博【所長】川崎医療生活協同組合 川崎セツルメント診療所
卒業年・大学 2005年 埼玉医科大学
資格等

abcdeg
日本在宅医学会認定在宅専門医・指導医

ひとこと

総合診療、家庭医療が楽しくて、筑波で後期研修、スタッフを経験しました!現在は川崎の地で「人々の健康を支えるオールラウンダー」を実践しています!!

写真

市川 卓生【院長】市川ファミリークリニック
卒業年・大学 2006年 弘前大学
資格等

abcd
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員

ひとこと

広い視野を持って患者のニーズに合わせた最良の医療を提供し、協調性を持ってチーム医療に貢献したいと考えております。

写真

向山 和彦【医師】かしまなだ診療所
卒業年・大学 2006年 信州大学
資格等

d

ひとこと

後期研修を終え、診療所勤務をしています。
これまで学んだことを基盤とし、日々新たな課題をなんとか乗り越えながら、日々の診療に臨んでいます。絶えず学びの姿勢を失わず、医師として成長していけるよう頑張ります。

写真

五十野 博基【医師】
卒業年・大学 2008年 筑波大学
資格等

de
日本集中治療医学会認定集中治療専門医
ACLS-EP、FCCS、JATEC、PEARSプロバイダー
CVCインストラクター
JHospitalist Network ホームページ運営委員(http://hospitalist.jp)
Point of Care Ultrasound for the Hospitalist インストラクター
TWI-JI(仕事の教え方)訓練指導者
TEAMS・BI(仕事の教え方)トレーナー
TEAMS・BP(業務の改善の仕方)ファシリテーター
TEAMS・BR(人への接し方)ファシリテーター

ひとこと

病院総合医を目指し、病棟管理、救急、集中治療といった急性期診療を中心に学んでいます。また、興味を持ったことは幅広く学んでいきたいと考え、マネジメ ントや医療安全にも関わっています。そんな個々のビジョンに沿った研修ができるグループです。後期研修も最終学年を迎え、目指すべき病院総合医の理想像を 具体化しつつ、後輩育成にも力を入れたいと思います。

写真

大塚 貴博【院長】明戸大塚医院
卒業年・大学 2008年 東邦大学
資格等

bd
日本プライマリケア連合学会 代議員

ひとこと
つくばで総合診療の研修を行い、現在は埼玉で継承開業しています。診療だけでなく、院内の管理業務や地域活動、教育にも力を入れながらプレイング・マネジャーとしての成長を目指しています。

写真

高橋 聡子【センター長】北茨城家庭医療センター
卒業年・大学 2011年 聖マリアンナ医科大学
資格等

d

ひとこと

研修プログラムを終え、現在は北茨城の診療所、病院との連携、地域での活動の中でマネージメントの難しさと面白さを実感しながら日々過ごしています。

地域医療に興味がある方、ぜひ見学にいらしてください。

写真

小野間 優介【医師】小豆畑病院
卒業年・大学 2009年 横浜市立大学
資格等

BLS、ACLS、NLPプラクティショナー、アロマテラピーアドバイザー

ひとこと

どの患者さんも幸せに出来るような、地域を守り、地域に出て行く家庭医になりたいと思っています。

そのためには基本的な内科や診断学の力がベースにないと出来ないので、それを身につけるべく、筑波総合診療グループで日々研鑽しております。

写真

永藤 瑞穂【医師】つくばセントラル病院 総合診療科
卒業年・大学 2011年 筑波大学
資格等

d

ひとこと

後期研修を終え、つくばセントラル病院併設の総合クリニックで訪問診療を開始しました。地域の中で四季を感じながら研鑽を続けていきたいと思います。

写真

鈴木 諭【医長】利根中央病院 総合診療科
卒業年・大学 2005年 群馬大学
資格等

b c d
日本病院総合診療医学会認定病院総合診療医

ひとこと

群馬県北部の中山間地域の中規模地域中核病院で病院総合診療を主に行っています。山間僻地に求められる、急性期診療含めた病院総合診療と訪問診療を含めた在宅医療との融合を目指しています。

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療グループ

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして