「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

先輩からのメッセージ

総合医コースの修了者と現役レジデントから、皆さんへメッセージを送ります。

きちんと内科、きちんと在宅

初期研修中から、将来は診療所や小さな病院で患者さんの生活に近い医療をしたいと漠然と思うようになりました。私がつくばを選んだ理由ベスト3は、1.内科研修が充実、2.見学に行ったら皆良い人、3.ほど良く田舎、でした。
内科研修では、家庭医志望も病院総合医志望も同じく、その後の核になる知識、技術、態度をみっちりと鍛えられました。4年間の研修の中で私の興味は在宅医療に向き、現在は在宅を中心に病棟、外来と多彩な場で患者さんと関わっています。コメディカルのメンバーと患者さんの生活について知恵を振り絞って考える事は、大病院ではなかなか味わえない醍醐味かもしれません。どのような場でも、患者さんの生活を質の保たれた医療で支える事を心がけています。
つくばには色々な目標を持ったメンバーがいます。今、将来のビジョンが明確な方もそうでない方もいると思いますが、一人では出来ない事も仲間と一緒ならば出来るかもしれませんよ。皆さんとの新しい出会いがある事を楽しみにしています。

山本 由布、2014年修了、笠間市立病院

(旧 大和クリニック)(2013夏期セミナー)

「どこででも使える(役立てる)医師になりたい」
「common diseaseをそつなくスマートに治療したい」
 それが私の目標

ここ筑波大総診グループには、診断学や身体所見のノウハウを学ぶ機会、総合診療医にとって必要なコミュニケーション能力を高める場所、専門研修を受け入れてもらえる環境があります。
現在は病院総合医を目指して筑波大学付属病院水戸地域医療教育センター・水戸協同病院で研修しています。専門医と相談しながらあらゆるProblemと向き合い、どうしたらスマートに管理できるかを考えながらトータルコーディネートをする。そんな環境に魅力とやりがいを感じながら、日々研修しています。
私自身は病院主体で研修していますが、診療は病院だけで完結するものではありません。地域医療を考え、クリニックや在宅へ上手く引き継ぎ、また受け取る事が重要と日々感じています。引き継ぎ方を考える上で、筑波には在宅のプロたちもいます。救急を含む病院総合医から在宅診療医、緩和ケア医まで同じグループのなかでコミュニケーションが密にとれるのが「強み」です。
一緒にオールラウンダー・Generalistを目指して頑張ってみませんか?

五十野 桃子、チーフレジデント2年

あらゆる道に対応できる研修

臓器を特定せず、困ってやってきた人たちのどんな悩みにでも対応できるような医師になりたいと思い、総合診療グループで研修しています。後期研修は、初期研修中に不十分だった科の補強に加え、病棟、救急外来、緩和ケアなど、研修の内容は多岐にわたります。また、大学のようなアカデミックな病院から、医療過疎地の診療所、在宅医療といった、より地域に密着した医療まで、幅広いフィールドで研修できます。将来家庭医を目指す人も、また病院総合医を目指す人も、様々な目標を持った人達が集まる科で、あらゆる目線でアドバイスしてくれる多くの先輩方の存在も魅力です。日々勉強の必要さを感じる毎日ですが、興味のある方はぜひ見学に来てみませんか。

荻野 利紗、シニアレジデント2年

多くの仲間と共に

私は地方の医学部を卒業し、出身大学の関連病院で初期研修を行いました。以前から総合診療医・家庭医に魅力を感じ、地域における必要性も感じていましたが、県内合わせても総合診療医の数はごくわずかで、専門医重視の雰囲気の中総合診療医志望というだけで肩身の狭い思いをしてきました。そんな時、筑波大学総合診療グループに出会い、総合診療医としていきいきと働く先生方の姿に感銘を受け、つくばに来ることを決めました。地方から一人で関東に出て来て不安は多々ありましたが、とてもアットホームで一人一人を大事にしてくれる雰囲気があり、すぐに溶け込ことができました。
つくばには長年総合診療医・家庭医として第一線で活躍されてきた多くの先輩医師がおり、総合診療医としてロールモデルたる多くの先生に出会うことが出来るはずです。そして、それぞれ理想の総合診療医を目指して日々切磋琢磨する、多くの同年代の仲間達がいます。やっぱり仲間って大事です。皆さんも理想の医師像に向け、そして患者さんのため、つくばで一緒に働きませんか。

高橋 弘樹、シニアレジデント1年

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療グループ

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして