「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

研修後のキャリアパス

筑波大学総合診療グループでは、後期研修修了後も引き続きキャリアコーディネートを行います。進路は大きく分けて以下の3つのパスがあります。それぞれのキャリアプランやライフステージの変化に合わせたキャリアを形成するために、希望に応じて一般病院、診療所、大学、大学院を効果的に組み合わせたキャリアコーディネートを行っています。

修了後の進路の3つのパス

フェローシップ

フェローシップ

> フェローシップ

興味のある領域を選んでさらに深く掘り下げた研修を行うための1~2年単位のプログラムで、筑波大学および東関東・東京高度医療人養成事業(ACT Network)の持つ教育資源を最大限に生かして高度な専門能力を修得することができます。具体的には、病院総合診療/在宅医療/緩和医療/スポーツ医学のコースを開設しています。また、プログラム責任者養成/多職種連携教育/ヘルスプロモーションの各コースについても開設する予定です。

指導医

指導医

> スタッフ紹介

後期研修で得た能力を生かして臨床の第一線で働きたい場合には、それぞれの希望に合わせて大学病院・一般病院・診療所などの各施設における指導医として就職することができます。

大学院

大学院

> 大学院

地域医療教育学領域における科学的なエビデンスを国内外に積極的に発信すべく、豊富な研究フィールドを活かした研究活動を精力的に展開しています。また、大学院における研究者養成にも力を入れており、充実した指導体制の下で、臨床医として働きながら学位を取得するコースや、公衆衛生修士(MPH)を取得できるコースなどの多彩なキャリアプランを用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。

過去の進路実績

つくば家庭医・病院総合医プログラム修了者は一般病院、診療所、大学、大学院とそれぞれが希望する進路を選択しています。

過去のプログラム修了人数(1997~2014年) 40人
修了時点の進路
一般病院 24人
診療所 11人
大学病院 5人
修了者のその後のキャリア(延べ人数)
一般病院
診療所
指導医 25人
診療所長 3人
診療所医師 11人
大学病院 教授 2人
講師 2人
病院医師 6人
大学院進学   8人

フェロー&大学院プログラム

大学院(地域医療教育学分野)

取得可能な資格

キャリアサポート

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療グループ

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして