「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして

書籍紹介

メンバーが執筆した書籍、DVD等や、商業誌に掲載された総説・解説などのうち、一部を紹介します。
研究論文等については、地域医療教育学「業績一覧」をご覧ください。

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年以前

2014年

特集 症候別“見逃してはならない”疾患の除外ポイント Part Ⅲ

特集 症候別“見逃してはならない”疾患の除外ポイント Part Ⅲ

JIM 2014年11月号

五十野桃子医師が「糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症」、五十野博基医師が「高血圧」、金井貴夫科長が「食欲不振」について執筆しています。

> この雑誌を購入する

特集 子どもから防ぐ成人病・生活習慣病

特集 子どもから防ぐ成人病・生活習慣病

成人病と生活習慣病44巻1号(1月号)

五十野桃子医師が「子どもの成人病とペットボトル症候群」について執筆しています。

> この雑誌を購入する

>Gノート 2014年8月号 Vol.1 No.3 Gノート 2014年8月号 Vol.1 No.3 看取り、できますか?患者・家族が安心して最期を迎えるために総合診療ですべきこと

Gノート 2014年8月号 Vol.1 No.3 看取り、できますか?患者・家族が安心して最期を迎えるために総合診療ですべきこと

羊土社

五十野博基医師が「研修では教えてくれない!ノンテクニカルスキル 第3回 業務改善のしかた」、浜野淳講師が「家族にどう寄り添っていくか?」、前野貴美講師が「どうなる日本!? こうなる医療!!地域のニーズに応える専門職連携・教育と総合診療医の役割」について執筆しています。

> この書籍を購入する

>在宅医療バイブル―家庭医療学、老年医学、緩和医療学の3領域からアプローチする

在宅医療バイブル―家庭医療学、老年医学、緩和医療学の3領域からアプローチする

日本医事新報社 2014年2月

大和クリニックの木村洋輔院長・臨床講師が「Ⅲ 緩和医療学 食欲不振と終末期における輸液」、浜野淳講師が「Ⅲ 緩和医療学 1 痛み」、久永貴之科長が「Ⅲ 緩和医療学 6 消化器症状(嘔気・嘔吐・消化管閉塞・腹水)」について執筆しています。

> この書籍を購入する

診療室から第107回 迅速な搬送のために

診療室から第107回 迅速な搬送のために

びばじょいふる 2014年11月号

宮澤麻子センター長が「診療室から第107回 迅速な搬送のために」について執筆しています。

慶應義塾大学薬学部 薬剤師継続学習通信講座第Ⅵ講座 高齢者支援薬剤師講座

慶應義塾大学薬学部 薬剤師継続学習通信講座第Ⅵ講座 高齢者支援薬剤師講座

老年薬学リハビリテーション2014

井添洋輔医師が「パーキンソン病」について執筆しています。

レジデントノート 2014年6月号 Vol.16 No.4

レジデントノート 2014年6月号 Vol.16 No.4

羊土社

吉本尚病院講師が「多職種連携力をもった人材育成プログラム開発の取り組み」について分担執筆しています。

> この書籍を購入する

レジデントノート 2014年11月号 Vol.16 No.12

レジデントノート 2014年11月号 Vol.16 No.12

羊土社

吉本尚病院講師が「総合診療はおもしろい!〜若手医師・学生による活動レポート 第15回 日本プライマリ・ケア連合学会学生・研修医部会 第26回 学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー」について分担執筆しています。

> この書籍を購入する

レジデントノート 2014年12月号 Vol.16 No.13

レジデントノート 2014年12月号 Vol.16 No.13

羊土社

吉本尚病院講師が「総合診療はおもしろい!〜若手医師・学生による活動レポート 第16回 アルコール健康障害対策基本法で何が変わるか?」について分担執筆しています。

> この書籍を購入する

お母さんを診よう 2014年2月 Vol.96 No.2

お母さんを診よう 2014年2月 Vol.96 No.2

南山堂

吉本尚病院講師が「たばこ・アルコール」について執筆しています。

> この書籍を購入する

腎と透析77巻1号(7月号)

腎と透析77巻1号(7月号)

東京医学社

廣瀬知人診療科長が「酸塩基平衡と尿細管性アシドーシス」について分担執筆しています。

> この書籍を購入する

日本医事新報 2014年3月特集号 臨床検査値の落とし穴

日本医事新報 2014年3月特集号 臨床検査値の落とし穴

日本医事新報社

鈴木広道科長が「急性前立腺炎とPSA」について執筆しています。

> この雑誌を購入する

レジデントノート別冊 ズバリ!日常診療の基本講座 2 こんな時どうする?患者の診かたが本当にわかる 症候への対応や接遇スキルのあれこれ

レジデントノート別冊 ズバリ!日常診療の基本講座 2 こんな時どうする?患者の診かたが本当にわかる 症候への対応や接遇スキルのあれこれ

羊土社

浜野淳講師が「difficult patientへの対応」について執筆しています。

> この書籍を購入する

薬局 2014年12月 Vol.65 No.13 「緩和薬物療法」上級講座

薬局 2014年12月 Vol.65 No.13 「緩和薬物療法」上級講座

南山堂

浜野淳講師が「がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン」、久永貴之科長が「がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン」について執筆しています。

> この書籍を購入する

>内科 2014年5月号

内科 2014年5月号

南江堂

浜野淳講師が「神経内科医と実地医家のコラボレーション」について座談しています。

> この書籍を購入する

>スーパー総合医 在宅医療のすべて 2014年2月

スーパー総合医 在宅医療のすべて 2014年2月

中山書店

浜野淳講師が「3章 緩和ケア 嘔気・嘔吐,呼吸困難感,せん妄」について執筆しています。

> この書籍を購入する

>ペインクリニック 2014年5月号

ペインクリニック 2014年5月号

真興交易(株)医書出版社

浜野淳講師が「オピオイドの副作用対策」について執筆しています。

> この雑誌を購入する

>第108回 医師国家試験問題解説

第108回 医師国家試験問題解説

メディックメディア

阪本直人講師が解説を執筆しています。

> この書籍を購入する

>今日の治療指針 2014年版

今日の治療指針 2014年版

医学書院

久永貴之科長が「緩和医療における薬物療法」について分担執筆しています。

> この書籍を購入する

専門家をめざす人のための緩和医療学

専門家をめざす人のための緩和医療学

南江堂

久永貴之科長が「第II章 主要な症状のアセスメントとマネジメント 5.悪心・嘔吐」、「第II章 主要な症状のアセスメントとマネジメント 6.腸閉塞」について分担執筆しています。

> この書籍を購入する

Hospitalist(ホスピタリスト)2014年4号

Hospitalist(ホスピタリスト)2014年4号

メディカル・サイエンス・インターナショナル

久永貴之科長が「症状マネジメント:悪心・嘔吐,消化管閉塞,食欲不振:がん消化器症状に対する緩和ケア」について執筆しています。

> この書籍を購入する

緩和ケア2014年 07月号 (死が近づいた時の症状マネジメント)

緩和ケア2014年 07月号 (死が近づいた時の症状マネジメント)

青梅社

久永貴之科長が「疼痛のマネジメント」について分担執筆しています。

> この書籍を購入する

精神科治療学 第29巻04号

精神科治療学 第29巻04号

星和書店

金井貴夫科長が「重症肝疾患患者に併発した精神障害への薬物療法」について分担執筆しています。

> この書籍を購入する

>Gノート 2014年6月号 Vol.1 No.2 総合診療の現場で 認知症をどう診る?もしかして認知症?本人・家族への説明はどうする?薬の処方は?患者に寄り添う診療のためにできること

Gノート 2014年6月号 Vol.1 No.2 総合診療の現場で 認知症をどう診る?もしかして認知症?本人・家族への説明はどうする?薬の処方は?患者に寄り添う診療のためにできること

羊土社

金井貴夫科長が「BPSD への対応(2) -薬物療法」、前野哲博教授が「特集にあたって」について執筆しています。

> この書籍を購入する

特集 症候別“見逃してはならない”疾患の除外ポイント Part Ⅱ

特集 症候別“見逃してはならない”疾患の除外ポイント Part Ⅱ

JIM 2014年7月号

金井貴夫科長が「不安・不眠・抑うつ」について執筆しています。

> この雑誌を購入する

レジデントノート増刊 Vol.16 No.14 90疾患の臨床推論!診断の決め手を各科専門医が教えます

レジデントノート増刊 Vol.16 No.14 90疾患の臨床推論!診断の決め手を各科専門医が教えます

羊土社

金井貴夫科長が「第14章 精神症状 64.うつ病」と「第14章 精神症状 65.パニック障害」と「第14章 精神症状 66.全般性不安障害」と「ポリファーマシーを防ぐ適切処方のためのツール:Beers Criteria,STOPP,START」について分担執筆しています。

> この書籍を購入する

医学教育 45

医学教育 45

篠原出版新社

前野貴美講師が「Ⅱ-1 筑波大学における専門職連携教育の取り組み-大学間連携により展開する専門職連携教育プログラム-」について執筆しています。

JIMで語ろう 公開収録「帰してはいけない外来患者-ジェネラリストの外来戦略」(第5回)

JIMで語ろう 公開収録「帰してはいけない外来患者-ジェネラリストの外来戦略」(第5回)

JIM 2014年1月号

前野哲博教授が参加した公開収録が掲載されています。

> この雑誌を購入する

薬剤師研修ハンドブック 基礎編

薬剤師研修ハンドブック 基礎編

南山堂

前野哲博教授が「4 新たに導入される総合診療専門医の位置づけと薬剤師との連携」について執筆しています。

> この書籍を購入する

月刊カレントテラピー Vol.32 No.2

月刊カレントテラピー Vol.32 No.2

ライフメディコム

前野哲博教授が「大学卒前教育における総合診療の現状」について執筆しています。

> この書籍を購入する

ドラッグストアニュース2014年4月号

ドラッグストアニュース2014年4月号

ダイヤモンド・フリードマン社

前野哲博教授が「薬剤師・登録販売者が学ぶ 医師の症候診断ABC「うつ病」」について執筆しています。

> この雑誌を購入する

ドラッグストアニュース2014年2月号

ドラッグストアニュース2014年2月号

ダイヤモンド・フリードマン社

前野哲博教授が「薬剤師・登録販売者が学ぶ 医師の症候診断ABC「ねんざ(外傷一般)」」について執筆しています。

> この雑誌を購入する

>Gノート 2014年4月号 Vol.1 No.1 いま知りたい!総合診療の視点で診る 高血圧診療

Gノート 2014年4月号 Vol.1 No.1 いま知りたい!総合診療の視点で診る 高血圧診療

羊土社

前野哲博教授が「研修では教えてくれない!ノンテクニカルスキル 第1回 ノンテクニカルスキルとは」について執筆、「今,なぜ総合診療なのか?」についての座談の内容が掲載されています。

> この書籍を購入する

>福私病ニュース 3月号

福私病ニュース 3月号

前野哲博教授が「病院における総合診療医の役割と育成」について執筆しています。

>Gノート 2014年4月号 Vol.1 No.1 いま知りたい!総合診療の視点で診る 高血圧診療

治療 2014年増刊 Vol.96 知らなきゃ損する! Doctor's pearl

南山堂

前野哲博教授が「後期研修の必修化がやってくる!―総合診療専門医制度の導入―」について執筆しています。

> この書籍を購入する

ドラッグストアニュース2014年6月号

ドラッグストアニュース2014年6月号

ダイヤモンド・フリードマン社

前野哲博教授が「Opinion! 日本の新医療システム 第1回 『待ったなしの対応が迫られる2025年問題』」について執筆しています。

> この雑誌を購入する

ドラッグストアニュース2014年8月号

ドラッグストアニュース2014年8月号

ダイヤモンド・フリードマン社

前野哲博教授が「Opinion! 日本の新医療システム 第2回 『フリーアクセス』の定義見直し」について執筆しています。

> この雑誌を購入する

ドラッグストアニュース2014年10月号

ドラッグストアニュース2014年10月号

ダイヤモンド・フリードマン社

前野哲博教授が「Opinion! 日本の新医療システム 第3回 『地域包括ケアシステム確立へ求められる職種間連携の教育』」について執筆しています。

> この雑誌を購入する

ドラッグストアニュース2014年12月号

ドラッグストアニュース2014年12月号

ダイヤモンド・フリードマン社

前野哲博教授が「Opinion! 日本の新医療システム 第4回 『これからの医療に求められるもの~総合診療医~』」について執筆しています。

> この雑誌を購入する

漢方と診療

漢方と診療

東洋学術出版社

前野哲博教授が「漢方医学教育の今,そして未来 西洋医学と漢方のスキル・理論を融合-筑波大学附属病院総合診療科の取り組み」について執筆しています。

>レジデントノート 2014年1月号 Vol.15 No.15 臨床力を高める!外来診療の診かた・考え方

レジデントノート 2014年1月号 Vol.15 No.15 臨床力を高める!外来診療の診かた・考え方

羊土社

前野哲博教授が「特集にあたって」について分担執筆しています。

> この書籍を購入する

ここでご紹介したのは主なもののみです。地域医療教育学「業績一覧」をご覧ください。
論文等については地域医療教育学「研究実績」ページをご覧ください。

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2‐1‐1
筑波大学附属病院総合診療グループ

「ひとびとの健康を支えるオールラウンダー」をめざして